公開日: |更新日:

ザイゴマインプラント

インプラントの手術には多くの術式が存在していて、そのなかの一つにザイゴマインプラントがあります。この治療方法の特徴は、上顎のみに適応となるもので、顎の骨が極端に少ない場合でもインプラント治療が出来る可能性があります。特徴やメリット、デメリットを詳しく解説していきます。

ザイゴマインプラントとは

ザイゴマという言葉はあまり聞き慣れないと思いますがこれは英語で「Zygoma」と表記し、「頬骨」という意味となります。つまり、頬骨にインプラント体を埋入するという治療のことです。この治療の大きな特徴は上顎の骨が極端に少ない場合でも、頬骨に長いインプラント体を埋入することにより、強固なオッセオインテグレーションが得られ、人工歯を装着できることにあります。手術自体も通常のインプラント治療と同じく日帰り、局所麻酔下でおこなわれます。一方では、頬骨にインプラントを埋入するためには、綿密なシミレーションが必要であり、特殊な器具やプロトコルが必要です。

ザイゴマインプラントのメリットデメリット

メリット

骨の移植をする必要がない

ザイゴマインプラントの大きなメリットとして、顎の骨が少ない場合でもインプラント治療が出来ることが挙げられます。この治療方法以外でもインプラント治療は可能ですが、多くは骨移植が必要でした。骨移植は、自分の体の一部(下顎オトガイ部など)から骨を取り、足りない部分に移植しますので、身体的な負担が増すことになります。その点、ザイゴマインプラントでは骨移植なしにインプラントの埋入ができますので、身体的な負担も軽減されるでしょう。

基本的に手術は1回で済む

ザイゴマインプラントでは、基本的に手術は1回です。通常の流れでは、1回の手術でインプラント体を埋入して、仮歯まで装着しますので、身体的な負担や精神的な負担は軽減されるでしょう。また、手術回数が多数回に渡れば、その分感染症などのリスクがあります。そのようなリスクも軽減できるメリットがあります。

生活への支障が少ない

上記のようにザイゴマインプラントでは、基本的に手術の当日に仮歯を装着することが出来ます。これを即時荷重といいます。これはザイゴマインプラントの手術方法が、長いインプラント体を使用してしっかりと頬骨まで到達させて初期固定が出来るようになっているからです。即時荷重によって、柔らかいものであれば噛むことができますし、見た目も気にならず、話すときの発音もスムーズです。このように、オッセオインテグレーションを待つ数カ月間の生活にも、あまり支障が出ないこともザイゴマインプラントのメリットと言えます。

デメリット

上顎のみの治療である

ザイゴマインプラントは、頬骨にインプラント体を埋入する治療なので、下顎は適応外となります。上顎は解剖学的にも骨の量が少ないので、このような治療方法が考えられたのです。下顎は骨の量が多いので、骨を増量させる部分的な骨造成法や、骨移植によって、多くのケースでインプラント治療が可能になります。

治療を受けられる歯科クリニックが限られる

ザイゴマインプラントは、技術的に難易度が高い治療と言われています。オールオン4を実施している歯科クリニックでも、対応できないことがあります。これは、術式がインプラント体を上顎洞(じょうがくどう:上顎の上にある空洞)を突き抜けて頬骨まで到達させるためで、口腔内だけではなく、顔面の解剖学的な知識も要求されるためだと思われます。

関連記事
インプラント手術の種類

ザイゴマインプラントのインプラント事例

以下は65歳女性に対するザイゴマインプラント治療の症例です。
女性は上顎が総入れ歯でしたが、咬合不良などのため、インプラントに変更したいとの希望がありました。ただ、上顎骨が高度に吸収されていたため、選択肢としては、腸骨(腰の骨)からの骨移植かザイゴマインプラントという事になりました。本人は骨移植に消極的だったことから、ザイゴマインプラントでの治療を実施しています。手術は長さ45ミリのインプラント体2本を両側頬骨に植立、前歯部分には直径3.75mm,長 さ13mmのノーベルバイオケア社製 タンダー ドフィクスチ ャー4本 を植立しました。2回法でおこなったため、6ヶ月後にアバットメントと上部構造を装着、術後には上顎洞の粘膜肥厚がありましたが、10ヶ月後には改善し、炎症も見られませんでした。

参考文献:【PDF】「ザイゴマティックインプラントを用いた咬合再建│日本口腔科学会誌2001年」50巻1号(47~52P)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/stomatology1952/50/1/50_1_47/_pdf/-char/ja

ザイゴマインプラントができる人できない人

できる人

オールオン4が出来なかった人

オールオン4も骨の量が少ない場合に実施できる治療として知られています。しかし、あくまでも、顎の骨にインプラント体を斜めに入れることで、骨の少なさをカバーしようとするものです。ですから、極端に骨の量が少ない場合には適応にならないことがあります。一方でザイゴマインプラントは、頬骨に埋入しますので、オールオン4ができないほどの骨量でも可能なケースがあります。

骨の移植を避けたい人

インプラント治療で骨が足りない場合、まず選択肢に挙がるのが骨の移植です。しかし、前述のように骨の移植は、それだけで単独の手術になりますし、骨ができるまでの期間も必要となります。手術回数を減らしたい、治療期間を短縮したいと考えた時、症状によってはザイゴマインプラントという選択もあるでしょう。

できない人

持病などが安定しない人

持病がある方の場合、通常のインプラント治療でも要注意となりますが、ザイゴマインプラントではさらに注意が必要です。ザイゴマインプラントの手術では、頬骨まで達するため手術時間が長くなります。それに耐えられるかどうかが判断されるのです。

ザイゴマインプラントでセカンドオピニオンも

ご紹介してきたように、インプラント治療を受けようとして、骨が足りないことを理由に治療できなかった場合でも、ザイゴマインプラントであれば適応になる可能性もあります。治療を実施しているクリニックに問い合わせをして、セカンドオピニオンを受けてみるのも良いかもしれません。

川崎でインプラント!
おすすめクリニック4選

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。