公開日: |更新日:

歯科医院と大学病院のインプラントの違い

こちらでは、インプラントの施術を受けるにあたり、歯科医院と大学病院にはどのような違いがあるのか解説していきたいと思います。

一般的な病院と大学病院の違いは、ことインプラントの治療においても当てはまります。大学病院はその病気に関する研究も進んでおり、設備などもより充実、難症例も大学病院の方が多いといった感じになります。より詳しく見ていきましょう。

大学病院の役割

そもそも大学病院というものは、患者さんの治療を行う医療機関であると同時に、病気とその治療に関する研究を行う研究機関であり、さらには医師を育成する教育機関という顔も持っています。医療に関する設備もより充実しており、それこそその大学病院にしかないというような医療機器を備えているといったケースもあります。

対して一般的な歯科医院は、地域のかかりつけ医としての比重が大きくなります。歯が痛くなったら直ぐに診てもらえるという安心感があり、人となりや気心も知れているといった具合。こうした違いを、まずは踏まえておいてください。

大学病院でインプラントをする際のポイント

保険適用となるインプラント治療なら、大学病院

インプラントは基本的に自由診療ですが、事故の外傷で骨を3分の1以上失ったなどの場合、保険診療が適用となる場合が稀にあります。ただし入院ベットが20床以上などの条件があるため、必然的に大学病院を選ぶということになります。

なんらかの疾患がある場合、他科と連携しやすい

例えばインプラント施術ができないほどではないものの、一定レベルの糖尿病を患っている方が手術を受けるという場合などでも、大学病院であれば内科との連携がとりやすく、より充実した体制での施術が受けられます。

症例によっては研修や論文の対象になることも

前述の通り、大学病院は研究機関、教育機関としての役割も担っています。例えば珍しい症例の場合は研修医の方々に施術を見学されたり、治療内容が論文に取り上げられるといったこともありえます。そうしたことに抵抗を感じるという場合には、考えた方がよいでしょう。

先生が選べない

開業医の先生であれば、その先生に治療を受けたいという理由で選ぶことができますが、大学病院の場合は、移動なども多く、また「この先生」と指名するのもなかなか難しいというのが現実です。

通うのは大変

それこそご自宅の近くにたまたま大学病院があるという場合はさておき、大学病院は数が限られているので通院が大変という方が大多数となります。また診療時間も17時までがひちんどで、予約が取りにくいという傾向もあります。

まとめ

これまで解説してきたように、大学病院に通うメリットはたくさんあります。しかし、患者にとってはデメリットとなることも心得ておきましょう。また一方で、歯科医院にもメリット・デメリットは存在します。

インプラント治療にとって、できるだけ同じところで治療を続けることが大切なので、どちらが自分に合っているのかをよく考えて、しっかりと選ぶことが大切です。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。