公開日: |更新日:

インプラント2回法

こちらではインプラント手術の種類である2回法について解説。インプラント手術のなかでもオーソドックスな方法であり、どのようなメリットとデメリットがあるのか、そのような施術例があるのかを取りまとめてご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

2回法とは

2回法とは、インプラント施術において歯茎の切開手術を2回行うという方法です。インプラント施術は歯茎を切開した上で顎の骨にドリルで穴を開け、インプラント体を埋入します。2回法では、この段階で歯茎を一旦縫合します。

この状態でインプラント体が顎の骨に定着するよう、3~6ヶ月程度、安定させるための期間を設けます。インプラント体がしっかり定着したら、2回目の歯茎切開を行い、インプラント体の上部にアバットメントを装着。その上で、上部構造を作製し、装着するという流れになります。

2回法のメリットデメリット

2回法のメリット

インプラント施術を2回法で行うメリットは、インプラント体を埋入した後、歯茎を一旦縫合した傷口を完全に塞ぐので、細菌に感染するリスクを大きく軽減できる点が挙げられます。

またインプラント手術の種類のなかでも基本的かつオーソドックスな方法ゆえに、例えば顎の骨が不足していて骨造成が必要な場合や、審美性を重視したい場合など、幅広いケースに柔軟に対応できるという利点があります。

2回法のデメリット

文字通り歯茎の切開手術を2回行う必要があるため、1回法やフラップレスなどの方法と比べると、患者の肉体的、精神的な負担は大きくなるでしょう。

また2回目の手術後の回復期間も必要となるため、その分、インプラント施術全体にかかる期間が長くなり、通院する回数も多くなります。

関連記事
インプラント手術の種類

2回法の施術例

こちらは佐賀医科大学歯科口腔外科において行われた事例をまとめたレポートになります。歯周病などで下顎の骨にダメージを負ってしまった患者に対し、顎の骨の病巣削除や骨の再建を行った上で、ブローネマルクインプラントを2回法で埋入した、という一例です。

歯原性良性腫瘍が下顎の骨に発生していた20歳の女性に対し、まず腫瘍が発生していた下顎の骨を切除。その上で欠損した下顎骨の箇所には自家腸骨海綿骨細片を移植して経過を観察。2年経過後、移植骨は完全に生着したと判断され、インプラント体の埋入手術を実施。6か月経過し十分に移植骨に定着したのを見計らって、2次手術が行われ、アバットメントと上部構造が装着された例があります。

参考文献:【PDF】「下顎骨切除症例に対するブローネマルクインプラントの応用│日本口腔科学会」日本口腔科学会雑誌(1993)42巻2号364-378p

より多くの方にインプラントの可能性を広げる2回法

以上の通り、2回法は身体への負担や期間的な長さというデメリットはあるものの、骨再生が必要な方でもインプラント装着の可能性を高めてくれるというのが、大きなメリットになります。重要なのは、ご自身に一番適した施術方法を的確に見極めることですので、信頼できる歯科医に相談してみてください。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。