公開日: |更新日:

インプラント周囲炎

インプラント治療を行ったあと、インプラント周辺の組織が歯周病に感染する「インプラント周囲炎」になってしまうことがあります。これは自覚症状が出にくく気が付いた時には重症化しているケースもあるため、しっかりと知識を身に着けておきましょう。

インプラント周囲炎の症状

歯肉の腫れや出血

インプラント周囲に炎症が起こることによって、歯肉が赤みを帯びて腫れが見られることがあります。また、日常的に行っている歯磨きなどの際に腫れた部分を刺激してしまうことにより、歯肉から出血してしまうこともあります。

ポケットの形成

インプラント周囲で歯肉から歯槽骨までの距離が健康な状態よりも深いものを「ポケット」と呼びます。歯肉の腫れが進むと上部構造やアパットメントと歯肉の間に隙間が生まれ、炎症が深部に広がるとこのポケットができてしまいます。

インプラント周囲にポケットが形成されてしまうと、その歯肉の深い部分や骨が破壊された部分などに細菌が感染してしまい炎症が進みます。するとそこから膿が出てくるようになり、いわゆる排膿と呼ばれる症状が見られるようになります。

歯肉の退縮

インプラント周囲の歯肉や歯槽骨などの破壊が始まってしまうと、歯肉が下がる「歯肉退縮」が起こり始めます。歯肉が下がるとインプラントの上部構造が大きく露出したり、見えないはずのインプラント体そのものが見えてくる場合もあります。

インプラントのぐらつき

インプラント周囲の歯槽骨が破壊され続けることで、インプラント体が骨にしっかりと結合しない状態になってしまいます。はじめはわずかなぐらつきであっても、放置していると徐々に動きが強くなり、抜け落ちてしまう可能性もあります。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎はインプラント周囲の粘膜から歯槽骨にまで炎症が広がっていってしまう状態をいいます。歯茎からの出血や排膿といった症状が見られ、進行すると歯茎が下がってしまい、インプラント体が露出してしまうこともあります。さらにインプラントのぐらつきが発生することもあります。この炎症が収まらない場合、歯槽骨の破壊が徐々に進んでしまい最終的にはインプラントそのものが抜け落ちてしまう可能性があります。

インプラント周囲粘膜炎

インプラント周囲粘膜炎はインプラント周囲炎における軽症の状態であり、インプラント周囲の粘膜のみに炎症が起こっている状態をいいます。歯茎が腫れて出血しやすい状態ではありますが、インプラントを支える歯槽骨の破壊はまだ起きていないような状態です。これはインプラントの周りに歯垢が溜まるなどといった状況が引き起こす症状です。このインプラント周囲粘膜炎がさらに進んだ状態がインプラント周囲炎と呼ばれています。

インプラント周囲炎の原因

ケア不足

インプラントは手術をして終わりではなく、その後のメンテナンスも重要です。天然歯じゃないからと歯磨きなどを怠ると、プラークの中に潜む細菌が繁殖し歯茎や顎の骨まで感染してしまう可能性があります。毎日のケアと定期的な歯科医院でのメンテナンスは必須です。

インプラント周囲炎になる原因は、口腔内で細菌が繁殖することです。そのため、毎日のメンテナンス・セルフケアとしての歯磨きがしっかりとできていない場合、口腔内を衛生的な状態に保つことができず発症してしまう可能性があります。

喫煙

喫煙は歯茎の健康を損ね免疫力を低下させるため、喫煙者はインプラント周囲炎になりやすいと言われています。インプラント手術の際には禁煙を求められますし、術後であっても控えておく方が無難であるといえるでしょう。

手術の失敗

近年ではインプラント治療を求める方が増えており、それに伴って手術を行う医師も増えています。しかし知識や経験が少ないまま治療を進める医師もおり、トラブルが増えている事実もあるようです。事前にしっかりと下調べを行い、医院選びに努めましょう。

歯周病

もともと歯周病を患っている方は、口腔内に細菌を持っている状態です。天然歯を人工歯に入れ替えたからといって口腔内の衛生環境が改善されるわけではありません。インプラント治療を行う際には、健康な状態で臨みましょう。

糖尿病

糖尿病を患っている方の場合、術後の傷口の治癒であったりインプラントと骨の結合に悪影響を及ぼす可能性があります。この悪影響により、インプラント歯周炎を引き起こす可能性がありますので、事前に医師に相談するようにしましょう。

歯ぎしりなどの生活習慣

歯ぎしりをする方であればインプラントに負荷がかかります。インプラント体に負荷がかかりキズや割れなどが発生すると、そこで最近が繁殖してインプラント歯周炎になってしまう可能性があります。

インプラント周囲炎になった時の対応

PMTC

PMTCとは歯科医院で行われる口腔内の洗浄をいいます。インプラント周囲炎のうち「インプラント周囲粘膜炎」と呼ばれる段階の場合は歯石除去や歯面清掃を行い、口腔内を清潔に保てるような環境を作って対応していきます。

歯周ポケットの洗浄

同じく「インプラント周囲粘膜炎」の段階であれば、口腔内を清潔に保つための治療として歯周ポケットの洗浄を行うことがあります。口腔衛生指導の強化やメンテナンス期間の短縮なども併せて行い、管理を強化する場合もあるでしょう。

薬剤を用いた消毒洗浄

インプラント周囲炎は口腔内に細菌が溜まり繁殖し炎症になる症状ですので、薬剤などを用いて洗浄することも効果的です。消毒洗浄をしっかりと行い、口腔内を清潔に保つようメンテナンスを行うことが大切です。

局所的・全身的抗菌療法

インプラント周囲炎は個人の症状や考えられる原因などによって適した治療方法を決定していくこととなります。そのため、インプラント周囲炎の進行度にも応じて、局所的なのか全身的なのかの判断をしながら抗菌療法を行います。

メンテナンスの来院期間の短縮

インプラント周囲炎は放っておいて治るようなものではないため、歯科医院に通いメンテナンスを受ける必要があります。特に症状がでている状態であれば、来院間隔を短縮することで、より強力なメンテナンスを行うことが有効です。

インプラントの除去

インプラント周囲炎が進行すると、状況によってはインプラントそのものを除去する必要が出てくることもあります。そうなると一度埋入したものを取り出すこととなるため外科的手術が必要になり、場合によっては再び埋入することができなくなります。

インプラント周囲炎を防ぐには

定期メンテナンスを行う

何よりも基礎として大事なのがメンテナンスです。ブラッシングをはじめとした日常のセルフケアに加え、歯科医院での定期的なメンテナンスも必須です。これにより、トラブルの早期発見や予防ができるようになるでしょう。

喫煙を控える

たばこを吸うことはインプラント周囲炎を引き起こし脱落を招く大きな原因になり得るといわれています。したがって、喫煙者の方がインプラント治療を受けるにあたっては、司会で相談するか禁煙外来を受診し、禁煙が維持できるよう努めましょう。

口腔全体の健康維持を

インプラントを入れたからといって、口腔内が健康になるわけではありません。長く健康に使い続けるためには、インプラント周りももちろんですがそこも含めた口腔内全体を健康に保てるようメンテナンスや日々のケアを行うようにしましょう。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。