公開日: |更新日:

インプラントの痛み

外科的手術で「骨に穴を空ける」ため、痛そう…というイメージを持たれやすいインプラント治療。骨には神経がありませんが、歯茎や血管には神経があるため周辺には痛みを伴う可能性があります。ここではインプラント治療の痛みについて解説していきます。

インプラントの痛み・腫れについて解説

インプラント手術中の痛みについて

麻酔を注射するときの痛み

インプラント手術では、手術の前に局所麻酔をおこないます。注射が苦手…という人は、この局所麻酔に強い不安・恐怖を感じてしまうかもしれません。しかし、基本的には麻酔注射の前に、表面麻酔という歯肉の感覚を麻痺させる薬剤を塗布します。そのため、個人差はありますが、注射のときに大きな痛みを感じることはほとんどないでしょう。

クリニックによっては麻酔注射の痛みを抑えるため、非常に細い針を使用したり、注入スピードをコントロールしたりといった工夫を行っていることもあります。クリニックに問い合わせてみるか、注射が苦手と医師に相談してみるのもよいでしょう。

手術中の痛み

手術中は麻酔が効いているので、基本的に痛みは感じません。手術中の痛みはあまり心配しないで大丈夫です。

まれに、麻酔の量や手術時間、個人の体質によって、麻酔の効果が若干異なるケースがありますが、そういった場合でも痛みを我慢する必要はまったくなく、医師に伝えれば麻酔を追加してくれます。

痛みに弱い、恐怖心が強い方には、「静脈内鎮静法」という半覚醒状態で手術できる方法もありますので、相談してみましょう。

インプラント手術後の痛みについて

手術後から1~2週間ほど続く痛み

手術が終わり、麻酔が切れると痛みが出ることがあります。痛みや腫れは、身体が傷ついた部位をもとに戻そうとする過程の一部なので、むしろ正常な反応と言えます。痛みや腫れは1~2週間ほど続くこともありますが、痛みはクリニックで処方してくれる痛み止めを飲むことで抑えられます。ただし、激しい痛みや腫れなどがあった場合は、すぐにクリニックに連絡してください。

抜糸や抜糸後の痛み

2回法のインプラント手術では歯肉を縫合することが多いです。そのため、術後1週間から10日程度で抜糸をおこないます。この抜糸のときに違和感や痛みを感じる人もいます。痛みと言っても「チクチクした刺激」という感覚で、激しい痛みではないことがほとんど。しかし、痛みは個人の感覚です。強い痛みを感じる場合、歯科医師に相談してください。

インプラント手術の痛みを抑える麻酔の種類

局所麻酔法

インプラント手術では、手術部位だけの感覚を麻痺させる局所麻酔が使用されます。これは、麻酔薬を注入することで痛みを感じさせないようにする方法で、表面麻酔・浸潤麻酔・伝達麻酔といった種類があります。

表面麻酔は、歯肉の表面に塗ることで感覚を麻痺させ、麻酔注射の痛みを感じにくくします。浸潤麻酔は、治療部位に直接麻酔薬を注入して痛みを抑える方法、伝達麻酔は痛みを伝える神経に麻酔を作用させることで、より広範囲に麻酔の効果を及ぼす方法となります。

鎮静法

鎮静法は、手術への恐怖や不安が強い場合に局所麻酔とあわせて使われる方法です。麻酔などの作用で不安を和らげる効果があります。この方法ではガスを使用した吸入鎮静法と点滴を使う静脈内鎮静法があります。インプラント手術の場合は効果が強い静脈内鎮静法を使用するケースが多いようです。うとうととした、半覚醒状態で手術を受けられるので、手術に対する不安・恐怖心が強い方におすすめです。

インプラント手術後の痛みを予防する方法

なるべく柔らかいものを食べる

インプラント手術後の数日間は、なるべく柔らかいものを食べるようにしてください。手術部位を縫合している場合は、傷口に硬いものが当たると痛みが生じる可能性があります。また仮歯が装着されている場合でも、まだ仮歯が安定していないので硬いものは厳禁。なるべく手術部位とは反対側で咀嚼するなどの工夫も大切です。

喫煙・飲酒を控える

インプラント手術後は喫煙や飲酒は控えるよにしましょう。タバコを吸うと免疫力が低下して、手術部位が細菌などに感染してしまう可能性があります。飲酒は過度に血流が促進され、治癒を遅くなってしまうおそれがあります。また、脱水症状などを引き起こして、口腔内の免疫を低下させることもあります。

運動に関する制限を守る

インプラント手術後の痛みを予防するためには、運動の制限も必要です。手術後2日~3日程度は、なるべく安静を保ってください。運動をすると、血行が良くなり、手術部位に痛みや腫れを引き起こす可能性があります。どれくらいの運動なら良いのかなど、不安なことがあれば、事前に担当医に相談してみましょう。

入浴に関する制限を守る

インプラント手術後には、入浴に関する制限もあります。手術後1日~2日は、湯船に浸かる入浴は避けたほうが良いとされています。これは、運動を制限したほうがいい理由と同様で、血流が良くなると痛みや腫れが強くなってしまうためです。シャワーを浴びる程度は問題ありませんが、それも短めにするか、温度をすこし下げて利用したほうが良いでしょう。

歯ブラシが当たらないようにする

インプラント手術後も歯磨きは可能ですが、手術した部分に歯ブラシが当たらないようにしてください。傷口にあたってしまうと、痛みが出ると同時に傷がついてしまうこともあります。そうなれば、傷の治りも遅くなってしまいます。また、歯磨き粉や洗口液は刺激が強いので、しばらくは控えたほうが良いでしょう。

インプラント手術後の痛みを和らげる方法

インプラント手術後に痛みがあった場合には、まず、処方された消炎鎮痛剤などを服用してください。また、手術部位を頬側から冷やすことで痛みを和らげられます。ただ、冷やし過ぎは血流を阻害してしまいますので、注意してください。

術後から2日ほど経過している場合は、逆に温めたほうが良いとされています。それでも強い痛みが続く場合にはクリニックに連絡してください。追加の鎮痛剤を処方してくれる場合もあります。

歯科医院に連絡したほうがよいケース

前述の通り、術後に痛みが出ること自体は緊急事態ではありません。ただし、以下のような場合には歯科医院に連絡したほうがよいでしょう。

これらの症状がある方は、はやめに歯科医院を受診し相談するようにしましょう。

異常を感じたら相談を

インプラントは外科的手術を伴うため痛みがあること自体は自然です。しかし前述したような症状が出る場合、何らかの問題が生じている可能性があるので医師に相談するようにしましょう。重大なトラブルになる前に適切な対応を取ることが重要です。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。