公開日: |更新日:

歯列矯正の種類とは?

歯列矯正には、表側ワイヤー矯正や舌側ワイヤー矯正、マウスピース矯正などさまざまな方法があるので、「どの方法がいいの?」と迷ってしまう方もいることでしょう。当記事では、歯列矯正の種類やそれぞれの特徴について紹介していきます。

表側矯正(ワイヤー)

ブラケットと呼ばれる装置をワイヤーで歯の表側に装着する方法のことです。ほかの矯正方法よりも比較的費用が安く、丈夫なのが特徴です。矯正治療の中でも、スタンダードな治療法であると言えます。

表側矯正(ワイヤー)のメリット

適応できる範囲が広い

表側にブラケットを付けて動かす治療法であり、適応できる範囲が広いです。出っ歯や八重歯、すきっ歯、受け口などさまざまな症例に対応できるのが魅力と言えます。

目立ちにくさ

ワイヤー矯正は、従来、金属製のものを使用することが多く目立ちやすいのが難点でした。近年、プラスチックやセラミック、ジルコニア等で作られたものを使用することが増えつつあり、金属製に比べると目立ちにくいと言えます。
また、白いブラケットや白くコーティングしたワイヤーなども普及しているため、目立たない矯正を探している方に適しています。

取り外しをしなくてよい

ワイヤー矯正の場合、常に装置をつけておくため、マウスピースのように取り外しをしなくてもよい点がメリットに挙げられます。しかし、取り外しをしない分、ブラッシングや手入れなど適切に行って虫歯を予防していくことが大切です。

部分矯正も行える

ワイヤー矯正とマウスピース矯正を併用することがあります。マウスピース矯正治療を行うときに、動きづらい歯に対して部分的にワイヤー矯正を採用する場合があるようです。

表側矯正(ワイヤー)のデメリット

違和感や発音への影響

つけはじめは違和感を感じたり、話しにくさを感じたりするなどの症状がみられることがあります。その他には、装置が頬の裏や唇にあたってしまうことにより口内炎ができてしまうケースも。痛みや気になる症状がある場合、歯科に相談するようにしましょう。

ブラッシングしにくい

硬い食べ物や粘り気の強い食べ物などを摂取すると、装置が外れてしまったり壊れてしまったりする原因になります。ガムやキャラメル、お餅などの粘り気のある食べ物は控えた方がよいでしょう。

その他には、装置は1度装着するとつけっぱなしの状態になるので、ブラッシングがしにくいのが難点です。食べ物が挟まってしまったり、汚れが溜まりやすかったりするため、正しいお手入れの方法を確認しておくことが重要です。

舌側矯正(ワイヤー・インコグニート)

舌側矯正は、まずカウンセリングや検査を行い、歯列や口の状況を調べます。シリコンを用いて、個々に合った歯型を作成し完成したところで治療を行います。

舌側に装着するインコグニートは、厚さや大きさにも考慮されているので、装着時の痛みや違和感を感じにくいのも特徴です。

舌側矯正のメリット

周囲から気付かれない

舌側(歯の裏側)に矯正装置をつけて歯を移動させていくため、装着前と外見が変わることがなく過ごせます。外から見えることもないため、周囲の人から気付かれる心配もありません。見た目が気になってしまう方や、人と話をしたり見られたりする職業についている方に適している治療法でもあります。

オーダーメイドなので違和感を感じにくい

患者さんの状態に応じてオーダーメイドで作られているため、違和感を感じにくく発音への影響もほとんど見られないと言われています。装着時の痛みも感じにくいです。個々の状態に合わせて作るため、良好な装着性を保てるのも魅力でしょう。

舌側矯正(ワイヤー・インコグニート)のデメリット

歯の状態によって適さないことがある

歯の裏側に装着するため、診断や治療法の決定が難しかったり、知識や技術が必要だったりするのが難点です。インコグニート矯正の施術にはドイツの認証取得も必要なため、全ての歯科で対応できるわけではありません。

歯の状態によっては不向きなこともあるので、施術が行えるか確認するようにしましょう。

費用が割高になりやすい

製造がドイツでしか対応できないこともあり、費用が割高になりやすいのが難点です。その他には、装置の製作期間が他のタイプのものより時間がかかりやすいため、短期間で矯正治療を終えたい方には不向きだと言えます。

マウスピース

ブラケットやワイヤーを使用せず、透明のマウスピースを用いる矯正治療のことを言います。マウスピース矯正は、大きく分けると二種類あります。一つは奥歯まで施術する全顎矯正、もう一つは部分的に矯正する部分矯正です。

歯型をデジタル技術を用いて精巧にデザインしていきます。治療段階に合わせて新しいマウスピースと交換しながら、歯を少しずつ動かし、希望の歯並びへと近づけていくのです。

メリット

目立ちにくい

薄くて透明な素材でできているため、装着中に対面で会話をしていても目立ちにくいです。そのため周囲から気づかれにくいと言えます。

取り外しができてお手入れしやすい

ワイヤー矯正は自分で取り外しができなかったり、歯磨きをしにくかったりするなどのデメリットがあります。しかしマウスピース矯正の場合、自分で取り外せて歯磨き時にきれいにすることが可能であり、食事では制限がない点も魅力だと言えます。

金属アレルギーでも使いやすい

マウスピース矯正の場合、金属フリーのため金属にアレルギーがあっても施術を受けられるのが特徴です。ワイヤー矯正と比較すると痛みを感じにくく、金属で口腔内が傷つくこともありません。

部分矯正にも対応できる

マウスピース矯正に分類されているキレイライン矯正は、前歯上下12本を中心に治療を行える矯正のことです。出っ歯や受け口、前歯が閉じないなどの症状がある場合に適しています。

デメリット

20時間以上装着している必要がある

製品によって異なりますが、1日20時間以上装着することを推奨されているものが多いです。飲食する時や歯磨きの時以外は装着している必要があります。数日間、装着せずにいると元に戻ってしまいスムーズにつけられないことになりかねないので注意が必要です。

症例の適応範囲に限りがある

歯肉の腫れや出血など重い症状がある歯周病は歯を支える骨が溶けてしまっているので、マウスピースなどで力を加えることによって歯が抜けてしまう可能性があります。その他には、受け口や出っ歯などの症状がひどい場合も適応できません。

違和感や話しにくさがある

マウスピース矯正は慣れるまでの間、違和感や話しにくさを感じることがあります。しかし少しずつ慣れていくため、違和感や話しにくさも軽減していくことでしょう。

インプラント矯正

矯正用アンカースクリューと呼ばれるとても小さなネジを骨に埋め込み矯正を行う治療のことをいいます。ワイヤーだけで動かすよりも効率的に歯を動かすことが可能。

歯が抜けたときに用いるデンタルインプラントとは全く異なるものです。

切開はせずスクリューをドライバーで入れ込むため、出血も少なくて済みます。矯正治療が終わったらネジを外すため、トラブルも起きにくいと言われています。

メリット

違和感や痛みが少ない

インプラント矯正の場合、顎の骨にネジを入れ込みます。切開しないため負担が少なくて済むのが魅力。違和感や痛みも少なくて済み、治療を有効に進められたり治療期間が短く済んだりするなどのメリットがあります。

対応できる症例が増えつつある

インプラント矯正の場合、抜歯せずに奥歯より後ろに歯を動かして、歯並びを整えることができるのがポイント。インプラント矯正が導入され、歯を抜かなくても対応できる症例が増えつつあると言われています。

部分的な矯正も対応可

固定元を好きな場所にできるので、歯を動かしたい場所にインプラントを埋め込むことでスムーズに歯を動かすことができます。

デメリット

アンカースクリューの周囲に炎症が生じる可能性がある

埋め込みをしたアンカースクリューが抜け落ちる可能性があります。アンカースクリューを埋め込んだ周囲で、炎症が見られる可能性もあると言われています。施術後、気になる点があればすぐに歯科へ相談するようにしましょう。

施術の際、痛みが生じる可能性がある

アンカースクリューを骨に埋め込みをする際、局所麻酔を行う必要があります。個人差が見られますが、麻酔が切れる頃に痛みが生じる可能性があるため、痛み止めが処方されることがあります。

川崎で自分に合った矯正歯科を見つけよう

歯列矯正には、表側ワイヤー矯正や舌側ワイヤー矯正、マウスピース矯正などさまざまな方法があります。川崎で矯正治療を考えている場合、各治療のメリットやデメリットについて把握したうえで、当サイトを参考にしながら自分に合った矯正歯科を選ぶようにしましょう。

川崎のオススメ矯正歯科
治療法別に紹介

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。