公開日: |更新日:

インプラント1回法

こちらではインプラント手術の種類である1回法について解説します。歯茎の切開が1回で済む方法ですが、そこにはどのようなメリットとデメリットがあるのかを詳しく掘り下げて取り下げてご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

1回法とは

インプラント施術は歯茎を切開した上で顎の骨にドリルで穴を開け、インプラント体を埋入します。2回法の場合は、インプラント体を埋入した段階で一旦歯茎を縫合。その状態で骨に固定されるのを待ち、数か月経過したら再度歯茎を切開してアバットメントおよび上部構造を取り付けつというやり方を行います。

対して1回法では埋入の際、インプラント体とアバットメントが一体化されたタイプを用いるのが大きな特色。埋入したインプラント上部のアバットメント部分が歯茎から露出した状態で、インプラント体が顎の骨に固定されるのを待ちます。骨への固定が行われたら、そのまま上部構造を装着。2回目の切開を行う必要がなくなります。

1回法のメリットデメリット

1回法のメリット

上記の通り、1回法では歯茎を切開する手術が1回で済むため、患者さんの肉体的、精神的な不安を軽減できるというのがなによりのメリットと言えます。

また2回目の切開を行わないため、その分の回復期間が不要。施術全体の期間をより短くでき、通院する回数もより少なくすることができます。

1回法のデメリット

インプラント埋入後、いったん歯茎を縫合して傷口を完全に塞ぐ2回法と比べると、細菌感染が起きてしまうリスクが高くなり、術後管理もよりしっかりと行う必要があります。

また顎の骨が足りずに骨造成を行う場合や、顎の骨がもともと柔らかいといった場合には、骨とインプラント体の結合を、より時間をかけてじっくり行う必要があるため、2回法のやり方を行うべきと判断されるケースが多くなります。

関連記事
インプラント手術の種類

より負担が少なく、より短期間な1回法

以上の通り、1回法は条件をクリアできる患者さんにとっては、肉体的、精神的な負担を軽減でき、施術全体の期間も短縮できるというのが、大きなメリットになります。重要なのは、ご自身に一番適した施術方法かどうか。信頼できる歯科医者さんへの相談が肝心です。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。