公開日: |更新日:

OAM

こちらではインプラント手術の種類であるOAMについて解説。インプラント体を埋め込む際に大経ドリルを使わない方法となっていますが、そこにはどのようなメリットとデメリットがあるのかを詳しく掘り下げてご紹介していますので、参考にしてみてください。

OAMとは

一般的なインプラント施術では歯茎を切開し顎の骨にドリルで穴を開け、そこにインプラント体を埋入するという方法が行われます。もちろん麻酔は行われますが、術後の腫れや痛みなどが大きくなる場合があり、また身体にも精神的にも負担がかかるという側面があります。

対してOAMでは、最初のみ直径0.3㎜の非常に細いドリルで穴を開け、そこから鍼灸治療の針のようなものを用いて、少しずつ穴を広げていくというやり方を行うのが従来のインプラントとの大きな違いになります。

ちなみにOAMとは“Oguchi Augmentation Method”の頭文字。名古屋市立大学医学部の非常勤講師を務めた大口弘医師によって考案され、米国国際特許を取得しています。

OAMのメリットデメリット

OAMのメリット

一般的なインプラント施術は最初にドリルで穴を開ける方式のため、該当箇所の骨が細い、骨量が足りないといった場合にはサイナリフトや骨移植などが必要になります。一方、OAMは最初にごく小さな穴を開け、それを少しずつ広げていくというやり方のため、従来では骨移植などが必要とされた方でも、そうした治療なしでインプラント埋入が可能になります。

また骨を大きく削ることがないので、肉体的にも精神的にも、負担が大きく軽減されます。加えてOAMではほとんどの場合、手術回数が1回で済むので全体的な期間も短縮できるとされています。

OAMのデメリット

上記のような方式ゆえに、顎の骨が一定以上の固さがあったり、骨の量が多すぎるという場合には、OAMを行えず、通常のインプラント施術のようなドリルでの穴開けが必要になるというケースが起こり得ます。

また少しづつ穴を広げていくという作業なので、施術時間は一般的なインプラント施術よりも長くかかかることになります。加えて、独自の技術が必要となるため、対応可能な歯科医師は一般的なインプラント施術よりも少なくなってしまいます。

関連記事
インプラント手術の種類

骨移植なしでのインプラントに可能性を広げる OAM

以上の通り、OAMは従来ならば骨移植が必要となる患者さんでも、骨移植なしでのインプラント施術を行える可能性を広げるというのが大きな魅力。また肉体的、精神的な負担を軽減してくれるという点も見逃せないポイントと言えるでしょう。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。