公開日: |更新日:

インプラントには、どんなメリットがあるのか

こちらではインプラントで得られるメリットについて解説。インプラントがブリッジや入れ歯と比べ、どのような点で優れているのか、逆にそれらと比べどのようなデメリットがあるのかを、詳しく掘り下げてご紹介していきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

インプラントには上記のようなメリットがあります。それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

しっかり力強く噛めるようになる

インプラントの大きなメリットは、しっかりと力強く噛めることにあります。部分入れ歯の場合は、他の歯に金具で留めていますので、土台が無い状態です。そのため、噛む力は弱く、歯茎との隙間もあるので、食べ物が詰まることもあります。一方、インプラントは人工歯根であり、顎の骨としっかりと分子レベルで密着するオッセオインテグレーションという現象で固定されています。

見た目が良く、自信を持って笑えるようになる

入れ歯の場合、保険適用では人工歯の材質が制限されるために、人工歯だとわかってしまったり、強度が弱かったりすることがあります。また、クラスプという金属製の金具で固定するので、口を開けると金属が見えてしまうことも少なくないのです。一方で、インプラント治療では、上記のような機能性に加えて、審美性(見た目の美しさ)にも十分な配慮がなされています。

まず、上部構造と呼ばれる人工歯の部分は、セラミックなどを使用していて、色味も不自然な白さではなく、患者さんのほかの歯に合わせて調整することが出来ます。また、歯茎部分も、アバットメントと言うインプラントと人工歯のつなぎ目部分が見えないように手術をしているのです。

健康な歯を削らないで済む

歯を1本から数本失った場合、まず選択肢になるのが、入れ歯かブリッジです。これは、保険診療の適用になるため多くの方が検討する治療です。しかし、このどちらの治療も、隣接している健康な歯に影響を及ぼすことが知られています。ブリッジでは隣接する歯を支えにするため被せ物をするために健康な歯を削ります。また、支える歯には余分な力がかかるために寿命が短くなることもあるのです。

入れ歯でも、ブリッジほどでは無いですが歯を削り、隣接する歯に負担をかけることになります。その点、インプラントでは、人工歯根を支えるのは顎骨ですから、他の歯に影響を与えることはありません。また、入れ歯、ブリッジの場合は、土台が顎骨ではないので、噛む刺激が伝わらずに、その部分の骨(歯槽骨)が吸収される(痩せていく)現象も見られます。

インプラントのデメリット

インプラントはメリットの大きい選択肢ですが、デメリットがまったくないわけではありません。それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

外科処置が必要になるため負担が比較的大きい

インプラント治療は必ず外科手術を伴います。これは、入れ歯やブリッジなど、同じ歯を失ったときの治療と大きく違う点です。手術はインプラント体を顎骨に埋入するため、骨を削ります。

また、手術方法や症状によりますが、歯肉を大きく剥離するなどの処置をする場合もあります。このような手術では術後に痛みや腫れ、出血などのリスクがあります。また、手術に対しての精神的な負担や、確率は低いですが、感染症の可能性もゼロではありません。

ただ、一方でこれらの負担をなるべく軽減する方法も用意されています。手術侵襲を低減するフラップレス手術や、半覚醒状態で手術を受けられる静脈内鎮静法などです。詳しくは担当の歯科医師に相談してみましょう。

治療費が高額になってしまう

インプラント治療は、事故や病気など一部の例外を除きすべて自己負担になります。費用は全国平均で、1本のインプラント治療で25万円から45万円程度(インプラント治療は自由診療となるため、治療に使用するインプラント体のメーカーや材質、実施する治療法などにより費用の変動がございます)と高額です。入れ歯やブリッジで健康保険を適用すれば、通常数千円から1万円を超える程度ですので、この費用面がインプラントを検討する際に問題になるでしょう。

ただ、インプラントが長期間使用できるという面を考えれば、それぞれの人の価値観で、納得出来る部分もあるかもしれません。また、健康保険の適用はありませんが、税金で医療費控除の対象にはなっていますので、申告をすれば還付がある可能性はあります。

治療にかかる期間が長い

インプラント治療では治療期間が長くなることもデメリットの一つでしょう。入れ歯やブリッジ治療の場合は、ケースによって異なりますが、数週間から数ヶ月程度なのに対して、インプラント治療では半年から1年程度(各歯科医院の治療方針や、患者さま一人ひとりの口内環境・状態によりて、治療期間は異なります)かかります。

その大きな理由は、インプラント体と顎骨の強固な密着(オッセオインテグレーション)を得るためです。かなり長く感じますが、この期間を十分に取らないと、インプラントのメリットである強く噛める歯にはならないのです。

お手入れを怠ると感染症のリスクがある

人工の歯であるインプラントを入れれば、虫歯にならないのでお手入れを怠る方もいるようです。インプラントは確かに虫歯になりませんが、「インプラント周囲炎」という歯周病と同様の症状になることがあります。発生する段階は歯周病と同じで、歯周病菌により歯肉炎から歯周ポケットが形成され、歯周炎に発展。放置すれば、歯槽骨(顎骨の歯が生えている部分)が破壊されて、インプラントは抜け落ちてしまいます。

そして、インプラント周囲炎の注意点は進行が早いことです。天然歯と違い血流がないため免疫機構が働きにくく、防御できないためです。せっかく入れたインプラントを長持ちさせるためには、メンテナンスをしっかりと実施することが重要なのです。

入れ歯の使用に制限が出るケースがある

もし、インプラントに隣接する歯を失った場合、部分入れ歯などにすると、義歯のデザインが制限されることがあります。これは、インプラントにフックを掛けると不具合が起こる可能性があり、考慮して製作する必要があるためです

インプラントのメリット・デメリットに関するまとめ

ご紹介してきたように、他の治療と同様に、インプラント治療にもメリットとデメリットの両方があります。どの治療を選ぶのか難しい面もありますが、まず、自分が何を一番求めているのかを考えてみてはいかがでしょう。治療費用なのか、機能性や審美性なのか、それらを考えれば少しずつ、どの治療が自分に合うのかが見えてくるでしょう。

最終的には、自分の意見を持って、歯科治療のプロである歯科医師に相談をしてみましょう。きっとあなたに合った治療が見つかると思います。

インプラン・ブリッジ・入れ歯を比較

次にインプラント、入れ歯、ブリッジを比較してみましょう。それぞれのメリットとデメリットを早見表にまとめてみましたのでご覧ください。

メリット

デメリット

インプラント

●機能も見た目も天然歯とほぼ同等

●治療後の違和感があまりない

●周囲の健康な歯への影響が少ない

●寿命は半永久的

●最短6週間、長ければ半年程度の期間がかかる。

●体調などの原因で施術不可の場合あり

●保険適用外で自由診療

ブリッジ

●機能は天然歯とほぼ同等

●治療後の違和感があまりない

●健康保険が適用

●見た目で金属部分が目立つ

●隣に健康な歯が必要で、なおかつ削る必要あり

入れ歯

●健康保険が適用。費用面では身近。

●全身への負担が少なく、短期間で作成可能

●装着時の違和感あり

●咀嚼力は天然歯より劣る

●金属バネが目立ち、バネをかける歯への負担もあり

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

噛む力は、自分の歯とほぼ同等

ブリッジは健康な自分の歯を土台に人工歯を取り付ける方式のため、噛む力は自分の歯とほぼ同等。装着時の違和感もほぼなく、自然な感覚で食事を楽しむことができます。

保険適用なので、費用負担は少なめ

ブリッジはインプラントとは異なり、保険適用で施術を受けることができます。それでいて治療後もあまり違和感もありません。

デメリット

健康な歯を削る必要がある

ブリッジのデメリットの筆頭に挙げられるのは、人工歯装着する場所の隣に健康な歯が残っていなければならず、またその健康な歯を削らなければならないという点になります。またブリッジを行うことで、その健康な歯の寿命を早める可能性も高まります。

見た目の審美性には難あり

保険治療で用いられるブリッジには金属部分が目立ってしまうタイプとなるため、インプラントのような見た目とはなりません。ただし自費診療で審美性を重視したブリッジとすることは可能です。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

費用面および身体への負担が少ない

入れ歯は言うまでもなく保険適用のため、費用を安く抑えることができることが大きな魅力。また装着箇所の調整程度で行えるため身体への負担もほとんどありません。

短期間で作成可能

依頼先にもよりますが、入れ歯は1週間から2週間程度で作成することが可能。歯の無い状態からの脱却がスピーディーに行えます。

デメリット

咀嚼力は劣り、違和感もあり

歯のない状態よりはましですが、入れ歯はどうしても、噛む力はインプラントやブリッジよりは劣ってしまうというのが現実です。また装着時に違和感があるのも否めません。

バネをかける歯への負担もあり

入れ歯はブリッジとは違い、健康な歯を削る必要はありませんが、健康な歯にバネをかける必要があり、そのことで健康な歯への負担を増やしてしまうという点も見逃せません。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。