公開日: |更新日:

インプラントと食事

インプラントは口腔内に外科的処置を行いますので、治療後の食事はしていいのか、どういう制限があるのかなど気になる方は多いのではないでしょうか。ここではインプラントを埋入したあとの食事について、解説していきます。

インプラント後も食事はできる

多くの歯科医院ではインプラント治療を行った後に食事をすること自体は問題なしと言われています。ただし、担当医によっても若干見解が変わる可能性もあるため、必ず相談してから食事をするようにしましょう。また、手術時には麻酔をしようすると思いますが、この麻酔は切れるまで待った方がよいでしょう。さらに、「食事が可能」なだけであって「何を食べても大丈夫」というわけではありません。術後に食事をする場合には、内容には注意するようにしましょう。

インプラント後に適した食事

インプラント治療後に摂る食事としては、あまり噛まなくてよいものが理想とされています。たとえばおかゆやスープ、うどんを柔らかく煮込んだもの、雑炊、ヨーグルト、ゼリー飲料などが例として挙げられます。

インプラント後に控えるべき食事

反対にインプラント治療後には控えるべき食事もあります。たとえばインプラントが定着する前に食べると破損に繋がる恐れがある硬いものや、血行を促進して傷口が開いたりする恐れのあるアルコール類・とうがらしなどの刺激物が考えられます。他にも極端に熱かったり冷たかったりするような食べ物・飲み物も望ましくありません。口腔内に刺激を与えて出血や腫れ・痛みの原因になる恐れがあるものは避けましょう。

患部の状況と相談

インプラントの術後の経過は人それぞれです。また、お世話になる担当医によっても、術後の過ごし方の見解は異なることがあります。そのためしっかりと担当医と相談を重ねると共に、患部の経過を見ながら自信の食事について決めるようにしましょう。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。