公開日: |更新日:

インプラント手術の種類を紹介!

インプラント手術の種類

インプラント治療における手術にはいくつか種類があり、方法によって治療時間や身体への負担が異なります。
それぞれの治療がどのようなことを行うのか、またメリット・デメリットを知った上で選択するようにしましょう。

2回法

手術を2度行うのがインプラント治療における2回法です。
1度目の手術ではインプラントを埋め込み、3~6か月程度の治癒期間を経て行う2度目の手術ではインプラント体にアパットメントを連結させます。
手術を2度に分けることにより、インプラントと骨がしっかりと結合するため脱落リスクの低い手術方法となっています。
しかしながら2度の手術を行うため、患者に対する身体の負担が大きくなることが難点です。

1回法

アパットメントと一体化したワンピースタイプのインプラント体を埋め込む手術を1度だけ行い、アパットメントの一部を歯肉の上に露出させた状態にします。
その状態で顎の骨とインプラント体が結合する期間を経て、2回法に比べると早期に被せ物を装着することができる手術方法です。
歯肉の切開が1度で済むので患者の身体的負担は軽減できますが、インプラントを埋め込む顎の骨がしっかりしていなければならないこと、骨移植や骨再生を併用すると感染症リスクが高くなる点に注意が必要です。

フラップレス手術

1回法・2回法は共に歯肉の切開を伴う手術方法ですが、フラップレス手術は歯肉を切らない手術方法となっています。
顎の骨がしっかりしており歯肉を切って骨を直接見る必要がない場合において採用される手術方法で、診断さえきちんとできていれば比較的難易度が低い手術となっています。
術後の回復も早い上に痛みにくく、手術の時間が短いというメリットがあるため骨の豊富な患者は採用したい手術方法です。
ただし、骨量が十分にない場合はリスクが高くなってしまうため採用することができません。

OAM(大口式)

骨を可能な限り削らずに、患者自身の骨を広げてインプラントを埋め込むことができれば骨の移植や骨増生を回避することができます。
OAM(大口式)は骨をできるだけ削らない手術方法となっており、ドリルを使用しないことによる安心感の他、骨が細い場合やインプラントの固定が難しい柔らかい骨の場合であってもインプラントを適用できる可能性が出てきます。
ただし手術回数や治癒時間を大幅に削減できる反面、埋入箇所の骨が過多すぎる場合には行えない・専門的知識と技術を要するため施術できる医院が少ない点には注意が必要です。

抜歯即時

抜歯即時インプラントとはその名の通り、抜歯をすると同時にインプラントを埋め込むことです。
抜歯した直後は体の治癒機転が盛んであるために傷口が治りやすく、抜歯した部分の骨の回復も早いことが、抜歯即時インプラントのメリット。
また、抜歯と一緒にインプラントを行いますので、通院の回数が減り、肉体的・精神的な負担も軽減されます。
デメリットは特にはありませんが、元々の歯の病巣がかなり大きい場合や、歯周病が進んでいる場合、骨の量が非常に少ない場合はできないこともあります。

即時荷重

即時荷重インプラントとは、インプラントを埋入した直後に、固定式の人工歯をとりつける治療法。直後とは、国際的には48時間以内と定義されています。
即時荷重インプラントは日本ではまだ聞き慣れないかもしれませんが、治療技術の発達やインプラント製品の進化により、可能になった治療法です。
インプラントの埋め込み後、すぐに歯を装着するので、外見の違和感もなく、手術当日から食事をとることができます。仕事などで忙しい人や、スケジュール調整が難しい芸能人やモデルにも人気です。

オールオン4(All On 4)

オールオン4とは、4本のインプラントで全ての歯を支える、インプラント治療法。骨の移植などは必要なく、抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで、1日で行うことができます。
オールオン4は、入れ歯に食べ物がはさまって痛むことがありませんし、あごの骨にしっかりと固定されため、硬いものでもしっかりと噛んで食べることができるのもメリット。
また、固定式ですので取り外す必要もありませんし、あごの骨の変形も少ないため、若々しいイメージを保つことができるなどのメリットがあります。

ザイゴマ(頬骨)インプラント

通常のインプラントは、歯槽骨か顎骨に埋入しますが、ザイゴマインプラントは、頬骨(ザイゴマ)に埋めるインプラントです。
ザイゴマインプラントは頬骨にインプラントを埋入しますので、インプラントが適応できないほど顎骨が萎縮している場合でも、手術をした当日に固定した歯を装着できる治療法です。

インプラントで行う骨造成手術について

インプラントを埋め込む位置のあごの骨が少ない、骨の高さが十分でない、厚みが足りない場合、インプラントが骨を突き抜ける、歯肉から露出するといったトラブルが発生する可能性があります。骨が不足している場合は、骨を増やすため「骨造成手術」が必要です。骨造成手術を行えば、インプラント手術に耐えられるだけの骨を確保することができるでしょう。

GBR

GBR は日本語で「骨誘導再生法」。インプラント治療をする部分の骨の厚みや幅が足りない人に実施される治療法です。粉々にした自分の骨や人工の骨に補填材を詰めて新しい骨を作る働きを持つ「骨芽細胞」の増殖を促し、骨の形成を阻む「繊維芽細胞」が入り込まないように「メンブレン」という人工膜で覆います。

骨の量の不足が小さい場合は、体内で吸収されるタイプのメンブレンを使用。骨の欠損が大きい場合は、チタンで作られた吸収されないタイプを使用し、インプラントが定着したのち取り出します。

ソケットリフト

ソケットリフトは、骨の厚みが8mm 以上ある場合に行われる骨の再生法です。再生する骨量が比較的少ないため、インプラントの埋入と骨を増やす手術を一度に実施することができます。インプラントを埋め込む穴から補填材を詰めるため、傷口が小さくて済むので、患者さんのからだへの負担も軽くなるでしょう。

補填材の量が十分満たされていることを確認してから、インプラントを埋め込みます。骨が作られるまで約4~5か月かかるため、人工の歯はそのあと装着します。

サイナスリフト

ソケットリフトは、インプラントを埋め込む場合、上あごの骨が足りない人に行われる骨再生法です。小鼻の脇にある上顎洞(上あごの奥歯にある空洞)下に骨補填材を埋め込んで骨の増殖を促します。骨の厚みが8mm未満、骨量が不十分でない患者さんに向いている手術法です。

骨補填材の量にもよりますが、骨が回復するまでに約3~6か月の安静が必要だといわれています。骨の再生が確認できたら、インプラント治療を開始します。

手術の前に局所麻酔を行いますが、手術が怖い人、緊張しやすい人には、静脈内鎮静法を併用することもあるようです。

スプリットクレスト

インプラント手術はあごの骨の幅が最低5~6mm必要だといわれています。インプラントの幅は約4mm。手術に必要な骨の幅や骨密度が足りないと治療するのは困難です。 スプリットクレストは、あごの骨の幅が足りない患者さんが骨の幅を広げるために行う手術。骨の質が硬すぎる場合、手術は難しいかもしれません。

骨の頂上部に三角またはV字型の特殊な器具を挿入し、骨を二分割にして左右に広げて、広げた隙間にインプラントを埋め込み、補填材を詰めて骨を再生に導きます。高度な技術のため、経験と実績のある歯科医師でなければ手術は行うことはできません。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。