公開日: |更新日:

インプラントのメンテナンス

インプラントは適切なメンテナンスを行うことで長期的に使用が可能な治療具です。ここではインプラントにはどのようなメンテナンス方法があるのか、またインプラントのメンテナンスが何故重要なのかなどを解説していきます。

インプラントのメンテナンス方法

ホームケア

ブラッシング

自身で行うケアとして、基本となるのは自然の歯と同じように「歯ブラシを使用したブラッシング」です。インプラントを傷つけたりすることがないように、柔らかい歯ブラシを選んで優しくあてることが大切です。口腔内の環境を清潔に保つため、一本ずつ丁寧にブラッシングするようにしましょう。

フロス

ブラッシングで除去しづらい汚れなどについては、フロスを用いることでケアができます。フロスはいわゆる歯間ブラシの一種で、歯ブラシが届きにくい部分のケアに用いられます。これまでフロスを使う習慣が無かった方であっても、ブラッシングとセットのケアとして習慣づけしておくことをおすすめします。

デンタルリンス

デンタルリンスは口腔内に含むことで殺菌・消毒などを行ってくれる口腔ケア用品です。インプラントを使用していない方でも使われている方が多いですが、インプラントの歯頚部や天然の歯の歯周ポケットに作用し歯周病を防いでくれますので、ぜひ使用してみて下さい。

メディカルケア(クリニックでの定期健診)

口腔内チェック

クリニックでメンテナンスを行う場合、自分ではなかなか確認できない部分までチェックしてもらうことができます。インプラントのみならず口腔内全体を衛生的に保つことが重要ですので、残っている歯に虫歯がないかどうか・歯周病がないかどうかなども併せて診てもらいましょう。

レントゲン検査

インプラントをよい状態で長期的に使い続けるためには、インプラントを支えるあごの骨や残っている歯の根元の状態なども継続的に検査する必要があります。こういった部分についてはレントゲン検査にて把握します。

ブラッシング指導

長期的にインプラントを使い続けるためには丁寧なブラッシングが重要ですが、人によってクセがあり、あまり磨けていない場所なども出てきます。クリニックでブラッシング指導を受けることで、適切な磨き方や清掃器具などについてのフィードバックを受けながら日常のブラッシングに活かしていくことができます。

クリーニング

歯ブラシによるブラッシングのセルフケアは誰もがしていますが、、やはりプロが専用の器具や薬品を使って行うブラッシングにはかないません。こういった特別なクリーニングを定期的に実施することも非常に重要であり、自分では除去できない汚れを定期的に取り除いて口腔内を健康的な状態に保ちましょう。

インプラントメンテナンスの重要性

インプラント周囲炎

自然の歯であっても歯磨きをしなければ虫歯や歯周病などのリスクが大幅に高まってしまうのと同じで、インプラントでもメンテナンスを怠ると病気になるリスクがあります。インプラント周囲炎と呼ばれる症状になってしまうと、歯茎に炎症を起こしたりあごの骨を溶かしたりなど恐ろしい状態になってしまう可能性があります。

かみ合わせ不良による摩耗、体調不良

かみ合わせ不良が起こると人工歯自体の摩耗が進み、口腔内を衛生的に保つことが難しくなってしまう可能性があります。また、かみ合わせは口腔内以外の身体にも異常をきたすことがあるため、原因が特定しづらい体調不良を引き起こすこともあります。そのためメンテナンス時にはかみ合わせも含めてチェックし、常に適切な状態が維持できるよう細心の注意を払いましょう。

保証が受けられなくなる

どのような製品であってもそうですが、メーカーが指定した使い方をしなければ保証を受けることができないでしょう。インプラントも同様で、適切なメンテナンスを行っていれば無償ないし減額された費用で再治療や修復を受けられることがあります。これは使用するメーカーや治療を受けるクリニックによって異なりますので、確認することをおすすめします。

メンテナンスは要注意

ここまで述べたように、インプラントのメンテナンスはとても重要です。メンテナンス不足で損することはあったとしても、定期健診をきちんと受けることで保証を受けられるクリニックもあるなどメンテナンスを行うことで損することはありません。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。