公開日: |更新日:

高血圧でもインプラントはできる?

インプラントは一般的に外科的な手術を伴う治療法であり、一定のリスクを伴っています。
こうしたことから複数の禁忌症、つまりは治療を受けられない病気の方も中にはおり、ガイドラインも定められています。

【関連ページ】インプラント手術ができない症状や習慣とは:https://www.dentist-oralproblems.com/howselect/implant-cannot.html

参照元:【PDF】「口腔インプラント治療指針2020 検査法・診断からリスクマネジメントまで」|公益社団法人 日本口腔インプラント学会(https://www.shika-implant.org/publication/dl/2020_guide.pdf

高血圧はインプラントができない場合がある

高血圧は相対的禁忌症

高血圧の症状が見られる方の中にはインプラント手術を受けられない場合もあります。

インプラントには、手術を受けるのが困難な「絶対的禁忌症」と「相対的禁忌症」とに分類されています。

このうち、相対的禁忌症は状態さえ改善されていたら「適応症」としてインプラント手術を受けることも可能となっています。

高血圧はこの、相対的禁忌症に分類されています。

一方、「絶対的禁忌症」と診断された病気については、インプラント手術は受けることができません。

血圧がコントロールされていることが大切

インプラント手術における高血圧への対応は、いかに血圧がコントロールされているかにかかっています。

ただし、降圧薬を服用し、普段は血圧がコントロールされていても、手術中の緊張やストレスで血圧が上昇すると止血困難になることや、術後に出血が起こることもあります。

また、高血圧症による動脈硬化で脳や心臓に合併症が起こる可能性も潜んでいます。

そのため、高血圧の人がインプラント治療を受ける場合には、術中の生体反応を見守ることがリスクの回避につながります。

参照元:【PDF】「口腔インプラント治療指針2020 検査法・診断からリスクマネジメントまで」|公益社団法人 日本口腔インプラント学会(https://www.shika-implant.org/publication/dl/2020_guide.pdf

高血圧でもインプラントを受けるには?

主治医による血圧のコントロールが必須

高血圧であると診断を受けたなら、放置をせずに医師の治療を受けましょう。
血圧は食生活の改善が必要になることもありますが、降圧剤など、医師が処方する薬で高くなるのを抑えられます。
知らず知らずのうちに高血圧になっていることもあるので、定期健診を受けたり、血圧計を購入して自宅で計測してみるなどしてみてください。

生体モニターなど設備が整ったクリニックへ

普段は落ち着いていても、血圧は緊張やストレスで高くなってしまいます。高血圧の人の場合は血圧上昇が止血困難に結びついてしまうこともあるため、術中の数値を見守ることは大切。
そこで、高血圧の人がインプラント手術を受ける場合は、生体モニターなどの設備が整ったクリニックを選んだほうが、よりリスクを抑えることにつながります。

切開を伴わないフラップレス手術なら出血が少ない

そもそも「フラップ」とは、インプラントを埋め込む際に切開する歯肉の部分を指します。

「フラップレス手術」や「フラップレス術式」とは、その歯肉をメスで切開することなく行われるインプラント手術。

サージカルガイドという、コンピューターシミュレーションによって導き出された器具を用いることで、パンチのような器具で適切な位置に穴を開け、インプラントを埋入します。

出血が少なく、高血圧を患っている人に適していると言えます。

高血圧症のインプラント事例

高血圧と診断された方のインプラント事例を紹介します。

症例は75歳の男性で、高血圧症のほか、高脂血症・不眠症に対応する薬を内服中でした。

また、下肢深部静脈血栓症の治療中。

「深部静脈血栓症」とは、下肢(足)から心臓に血液を戻す静脈が、血栓(血の塊)のため詰まってしまう病気のこと。
一般的に、ふくらはぎや足表面を走る静脈に血の塊が生じた場合は問題なく過ごせることが多いものの、下腹部・太もも・膝の中心などを通る「深部静脈」に血栓ができてしまうと症状が重くなるため注意が必要です。

この「深部静脈血栓症」を改善するために、血栓を解消する血液サラサラ薬を服用しなければならず、症例の男性も服用してすでに3年が経過していました。

さらには高血圧も患っているため、インプラント手術では止血困難が予想されていたのです。

そこで、症例では、歯茎の切開・剥離・縫合を行うことなくインプラントを埋入できるフラップレス手術を採用。

サージカルガイドプレートによりコンピューター・シミュレーションと同一の位置にインプラントを埋入することで、出血を可能な限り抑えています。

参照元:【PDF】「フラップレスでインプラント埋入術を施行した出血性素因を有する2症例」(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsoi/28/4/28_515/_pdf

そもそも高血圧とは?

血圧は1日の中でも上下し続けています。そのため血圧は一般的に、家庭において、起床時や就寝時など、穏やかな状態のとき血圧計にて計測が行われます。これを「家庭血圧」と呼びます。

病院やクリニックで測ると緊張やストレスで家庭で測るときよりも高い傾向があることから、こちらは「診療室血圧」と呼ばれています。

また、血圧は正常血圧や高血圧などに分類されています。

参照元:【PDF】「一般向け『高血圧治療ガイドライン2019』解説冊子 高血圧の話」|特定非営利活動法人日本高血圧学会・特定非営利活動法人日本高血圧協会:認定特定非営利活動法人ささえあい医療人権センターCOML(https://www.jpnsh.jp/data/jsh2019_gen.pdf

高血圧は歯科治療でも注意が必要

高血圧の人は抜歯など、インプラント以外の歯科治療でも注意が必要です。
インプラントも抜歯も、手術には麻酔薬が欠かせませんが、この麻酔は一般的に血管拡張作用を持っているのです。
つまり、血管が拡張することで血圧が下がった状態になります。
そして、術後に麻酔が切れてくると、次には血圧を低下させていた作用も消えるため、また血圧が上がっていきます。
高血圧の方の場合、血圧が高いと血圧の下げ幅が大きくなる傾向が見られ、血圧の変動も激しくなってしまうのです。

高血圧の合併症

高血圧を放置し、それが長く続くと、さまざまな合併症が引き起こりやすくなり、特に脳と心臓への負担が高まるのが大きな問題です。

高血圧を要因とする脳血管障害(脳卒中)と呼ばれるものの中には、高血圧による動脈硬化が進行し、脳の血管が詰まってしまう「脳梗塞」と、脳の血管が破れてします「脳出血」、そして「くも膜下出血」などの症状が見られます。

心臓血管疾患は心臓に関わるもので、症状のないまま進行し、病状が現れた際には重症となることの多い合併症です。狭心症・心筋梗塞・大動脈瘤などが該当します。

インプラントの前に高血圧かどうか確認を

高血圧はサイレントキラー病とも言われ、気づかないまま重症化することの多い病気です。そのため早期発見と早期治療がとても重要。

インプラント手術を受ける際、リスクをなるべく抑えるためにも、事前に高血圧かどうかをぜひ確認してみてください。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。