公開日: |更新日:

心疾患の人がインプラントするときの注意点

インプラント治療は外科的な手術を行うため、複数の禁忌が存在します。禁忌とはインプラントを受けることができない病気のことを言い、ガイドラインにも定められています。心疾患は該当するのか気になる方もいることでしょう。

当記事では、心疾患にかかっている方がインプラント治療を受けることは可能かまとめるとともに、事例なども 詳しく説明します。

関連ページ:インプラント手術ができない症状や習慣とは

参照元:【PDF】「口腔インプラント治療指針2020 検査法・診断からリスクマネジメントまで」|公益社団法人 日本口腔インプラント学会(https://www.shika-implant.org/publication/dl/2020_guide.pdf

心疾患はインプラントができない場合がある

心疾患とは、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患をはじめ、不整脈や心不全、弁膜症といった心臓で起こる病気のことを指します。

心疾患がある場合、インプラント治療ができないケースがあります。ペースメーカーを入れている方や心筋梗塞を発症した経験がある方は、「抗血栓薬」と呼ばれる血液をサラサラにする薬を内服していることがあるため、インプラント治療の出血に対して止血しづらいリスクがあるので慎重に検討しなければなりません。

心筋梗塞を発症した経験のある方がインプラント手術を希望する場合には、どのくらい後遺症が見られるのかが問題となります。狭心症の持病がある場合、投薬によって良好にコントロールができている状態ならば手術は可能です。インプラント手術の前に、ニトログリセリンなど発作時の対応についてしっかりと準備しておくことが重要だと言えます。

参照元:【PDF】「口腔インプラント治療指針2020 検査法・診断からリスクマネジメントまで」|公益社団法人 日本口腔インプラント学会(https://www.shika-implant.org/publication/dl/2020_guide.pdf

心疾患でもインプラントを受けるには?

主治医との連携

心疾患を見てもらっている主治医にしっかりと相談しておくことが大切です。インプラント治療を受けてもよいと許可を得られたら、かかりつけ医と連携を取りながら治療を進めていくようにしましょう。心疾患や全身状態についてしっかりと確認しながら治療を進めてくれる歯科クリニックを選ぶことが重要です。

麻酔科医の管理ものと静脈内鎮静麻酔を使用

心疾患を抱えている方がインプラント治療を受ける場合、リスクが増えてしまうため慎重に検討することが重要です。

日本口腔インプラント学会発表の治療指針には、虚血性心疾患そのものはインプラント治療の予後に対する危険因子ではないと記載されています。そして、後遺症がない状態ならば静脈内鎮静法を用いることによってインプラント治療は可能だとされています。麻酔科医管理のもと、静脈内鎮静法を併用しながらインプラント治療を進めていくことが望ましいです。

治療中の観察と急変への備え

心疾患を抱えている方がインプラント治療を受ける場合、治療中のショックや心不全などに備えておかなけれなりません。手術時に血圧が変動する可能性があるため、随時バイタルサインのチェックをしながら慎重に進めていくことが重要です。手術中は、生体モニターにて脈拍を注意深く観察しながら進めるようにして、急変に備えて薬剤を準備しておくことが大切です。

参照元:【PDF】「口腔インプラント治療指針2020 検査法・診断からリスクマネジメントまで」|公益社団法人 日本口腔インプラント学会(https://www.shika-implant.org/publication/dl/2020_guide.pdf

心疾患のインプラント事例

心疾患のある70歳男性で、インプラント治療を行った事例を紹介します。

インプラント治療の1次手術を実施した2ヶ月後に倦怠感があったため内科を受診、心臓に異常所見が見られました。診察の結果、劇症型心筋症と診断されました。この病気はウイルスなどの感染症が原因で心筋に炎症が見られるものであり、インプラント手術との関連性はないと考えられています。

循環器内科で治療を受けることによって症状が軽快したため、3ヶ月後にインプラントの2次手術が実施されました。循環器内科の担当医と連携を取り、治療中は生体モニターで心電図をチェックしながら、急変に備えて薬剤の準備も行われましたが手術中や術後の経過に問題は見られませんでした。その後、ほかの部位にもインプラント治療が実施され、良好な状態で終了しています。

参照元:【PDF】「劇症型心筋炎既往患者に対するインプラント手術のための静脈内鎮静法経験|東京歯科大学歯科麻酔学講座」(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjdsa/47/1/47_13/_pdf/-char/ja

そもそも心疾患とは?

心疾患とは、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患、不整脈、心不全、弁膜症、心筋症といった心臓で起きる病気のことを言います。

心臓の冠動脈と呼ばれる部分に、動脈硬化などが見られると、血流がスムーズにいかなくなってしまったり、血栓ができて詰まったりすることがあります。そのような状態になると、心筋に酸素が行き渡らなくなって強い痛みを伴った発作が起き、急速な心機能の低下が見られます。

心臓にしっかりと血液が行き渡らないことによって生じる病気であることから虚血性心疾患と呼ばれ、代表的なものに狭心症と心筋梗塞が挙げられます。

心臓の働き

心臓は1分間に約70回、1日あたり約10万回収縮と拡張が繰り返し行われ、全身に血液を送り出しています。心臓が1日10万回も収縮し続けるために、必要な酸素と栄養素を心筋へ運ぶのが心臓の表面にある3本の冠動脈です。心臓は、人が生きていく上で欠かすことができない重要な役割を担っています。

インプラント治療は心臓に負担がかかることも

前述してきた通り、インプラント治療は外科的な処置が必要であるため、心臓の負担となってしまうことがあります。心臓や全身の状態によってはインプラント治療を受けることも可能なので、主治医や歯科医師と連携を取りながら慎重に進めていくことが重要です。

参照元:【PDF】「口腔インプラント治療指針2020 検査法・診断からリスクマネジメントまで」|公益社団法人 日本口腔インプラント学会(https://www.shika-implant.org/publication/dl/2020_guide.pdf

主治医に確認しながらインプラント治療を進めよう

心疾患の程度や全身状態によっては、インプラント治療を受けることが可能です。インプラント治療を希望する場合、循環器内科の主治医や歯科医師と連携を取りながら進めていくようにしましょう。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。