公開日: |更新日:

GBR

GBRとは、日本語で「骨誘導再生法」と呼ばれる骨を増やす方法です。インプラント治療で骨量が足りない場合でも、この方法を用いれば治療ができるようになる可能性が高くなります。インプラント埋入前におこなう場合と埋入手術と同時におこなう方法があります。

GBRとは

GBRでは、自家骨(自分の骨)を使用する場合と、骨補填材という人工骨などを使用する場合があります。いずれにしても、骨の足りない部分に配置して、メンブレンという人工の膜で覆います。メンブレンは、細菌の侵入を防いだり、骨再生に不要な細胞の混入を防いだりするものです。このように骨の再生を促す方法は。GBRのほかにソケットリフトやサイナスリフトなどがあります。それぞれに特徴がありますが、下顎や上顎前歯では、多くの場合GBRが実施される傾向にあります。

GBRのメリットデメリット

メリット

骨量が足りなくてもインプラント治療ができる可能性

GBRの大きなメリットは、骨の量が足りない場合でも、インプラント治療を受けられる可能性が高くなることでしょう。通常、骨の量が足りない場合にはインプラントと顎骨の強固な融合、オッセオインテグレーションが獲得できなことが多いので治療を受けられません。しかし、GBRにより骨を増やすことができれば、インプラント治療を受けられるようになるのです。一般的には、上顎は幅5ミリ・高さ10ミリ以下、下顎は幅5ミリ・高さ8ミリ以下がGBR法を検討する目安と言われています。

比較的容易に実施できる方法である

インプラント治療で骨を増やす方法は、GBRのほかにもさまざまな術式があります。そのなかでGBRは比較的容易であり、多くの歯科クリニックで実施されているポピュラーな方法と言えるでしょう。また、インプラントの埋入手術と同時に実施することも多いので、治療期間の短縮につながることもあります。

デメリット

感染症の危険性

GBRでは必ず手術が必要ですから、それに伴う感染症のリスクもあります。処置をした後には、メンブレンという特殊な膜で手術した部分を覆いますので、感染症のリスクは抑えられますが、ゼロではありません。

治療期間が長引く可能性

GBRでは、インプラント手術と同時におこなえることもありますが、骨の量がとても少ない場合は単独でGBR手術をおこなうことになります。その場合には、手術をしてから6ヶ月程度骨が増えるのを待つ必要がありますので、治療期間が長引いてしまう可能性もあります。

関連記事
インプラント手術の種類

GBRのインプラント事例

以下の症例は17歳男性で、上顎前歯に垂直的歯槽骨延長術とGBRをおこないインプラント治療をおこなった症例です。
患者は交通事故で顔面を骨折、上顎前歯を失いインプラント治療を希望していました。しかし、歯が欠損している部分の骨の高さが足りなかったため、まず垂直的歯槽骨延長術を実施しました。この手術は、簡単に言ってしまえば特殊な器具を使用して延長したい部分をわざと骨折させて、骨が再生することを利用して骨の高さを増やすことです。ただ、今回の症例では十分な延長が見られませんでした。そこで、患者の自家骨を利用して、GBR法を実施。7ヶ月後にハイドロキシアパタイトコーティングのインプラント体を埋入しました。その後、3年3ヶ月後の経過は良好だということです。

参考文献:「垂直的歯槽骨延長術および骨組織再生誘導法(GBR)を併用してインプラント治療を行った1症例│日本口腔インプラント学会誌 第21巻 1号」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsoi/21/1/21_47/_pdf/-char/ja

GBRができる人できない人

できる人

骨の量が足りない人

骨の量が足りなくて、インプラント治療が難しいと言われた人は、GBRが向いています。GBRで骨を増やして、インプラント治療が出来る可能性があります。

できない人

極端に骨の量が足りない人

極端に骨の量が足りない場合には、GBRが実施できないことがあります。しかし、症状に合わせて、ほかの方法も考えられますので、諦めずに歯科クリニックに相談してみましょう。

GBRは歯科クリニックに相談を

ご紹介してきたように、GBRは骨が足りない場合でもインプラント治療が可能になる可能性が高い治療です。ただ、自分ではGBRが適応になるのかなど判断はできませんので、必ず歯科クリニックに相談してください。

川崎でインプラント!
おすすめクリニック4選

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。