公開日: |更新日:

インプラントの治療、具体的流れとは?

こちらではインプラントの施術を受ける際、そのような流れに沿って治療が進んでいくのかを、主要な過程ごとに、それぞれ詳しくご紹介していきたいと思います。

インプラント治療には様々な種類があり、また患者さんの症状や、骨、顎の状態などによっても施術内容は異なります。抜歯即時・即時荷重など、治療期間を短縮できる施術方法もありますが、ここではインプラント治療として一般的な、2回法の施術の流れを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

カウンセリング(インプラント相談)

改めてお知らせしておきますと、インプラントは思い立ったらすぐに施術を受けられるという類のものではありません。言ってみれば歯の外科手術の一種であり、事前にしっかりとした準備を行うことが重要です。まずはこの点を、しっかりと踏まえておいてください。

その上でまず、多くのクリニックで行われるのはインプラント治療に関する相談を行うカウンセリング。歯や口内の状態、さらには現在の身体全体の健康状態などを確認しながら、どのような計画でインプラント治療を行うのが望ましいかといったことが説明されます。またインプラントに関する不安や悩み、心配事なども聞いてもらえますので、なんでも相談してみてください。

検査・計画~施術の契約

カウンセリングを経て、インプラント施術を受けたいという意思が固まったら、より詳しい検査へと進みます。CT(コンピューター断層撮影)を行い、歯と顎の骨の状態を詳しく確認し、歯周病の検査、血液や心電図などの臨床検査を実施。インプラント施術が難しい場合や、抜歯が必要といったケースは、この段階で判断されます。

そうした検査結果を踏まえ、ドクターが治療の具体的なプラン、スケジュールや費用などの計画を取りまとめます。その内容に納得できたら、施術の契約を行い、施術を受ける日時を決定します。

一次処置 インプラント埋入

インプラント体をあごの骨に埋め込む一回目の手術になります。歯茎を切開してインプラントを埋め込むための穴を開け、インプラント本体を埋め込み、施術箇所の歯茎を縫合します。施術の時間はインプラント1本あたり15分程度。ただし埋め込む本数が多い場合や、抜歯を行う場合、顎の骨の再生治療を行っているといった場合には、処置時間が変わってきます。

なお、施術中はもちろん麻酔を効かせていますが、術後に麻酔の効果が切れると、痛みが出てくる場合もあるとのこと。個人差はあるものの、数日間痛みが続く場合もあるので、クリニックの多くでは、痛み止めの薬を処方してくれます。

ちなみに、手術の回数を1回で済ませることができる1回法の場合は、このタイミングでインプラント体とともに、アバットメント(人工歯とインプラントを結合させる部品)も一緒に埋め込みます。また既存の歯を抜き、その流れでインプラントを埋込する抜歯即時・即時荷重という方法もあります。

抜糸・仮歯調整(処置後2週)

一次処置を行ってから2週間ほどで、歯茎の抜糸を行います。その上で、普段の食事などへの影響を軽減するために仮歯の装着を行います。その後、インプラントが顎の骨にしっかりと定着するまで、2ヶ月から3ヶ月程度、待機期間となります。その間、基本的に通院は不要。ただし違和感や不安があった場合はすぐクリニックに連絡し、指示を仰いでください。

二次処置 アバットメント取付

待機期間が経過したら、歯茎を再度切開し、インプラントが顎の骨にしっかり結合しているかどうかを専用の装置で確認。その上で、アバットメントという、人工の歯(かぶせ物)の土台となる部品を、保護キャップとともに装着します。処置時間はトータルで30分程度。その後、1週間から2週間程度かけて、アバットメントと歯茎が馴染むのを待ちます。

型取り

銀歯や差し歯などをつくる時と同じ要領で歯の型取りを行い、その型を用いて、インプラントに装着する人工の歯(かぶせ物)の作成を発注します。用いる素材や仕上げによって費用は様々。事前にしっかりと確認しておくことが賢明です。

完成

アバットメントと歯茎が馴染み、かぶせ物となる人工歯が出来上がってきたら、いよいよ最後の工程へと進みます。アバットメント装着の際に取り付けた保護キャップを外し、人工歯であるかぶせ物を装着。噛み合わせや見た目の形状などを調整。すべてが問題なく納得いく状態となったら、念願のインプラント完成ということになります。

メンテナンス・定期検査

インプラントは装着したら後は何もしなくてよいという訳ではありません。人工歯なので虫歯になることはありませんが、歯周病などによってダメージを負ってしまい、せっかく装着したインプラントがダメになってしまうということもあり得るのです。そうした事態を防ぐためにも、適切なメンテナンスと定期検査が重要になってきます。

クリニックでは正しいブラッシング方法を指導してくれますので、適宜・適切に歯磨き、口内ケアを実践しましょう。またクリニックや状態よって頻度は異なりますが、定期的に検査を受けることも必要です。とりわけインプラントの保証は、この定期検査を受診することが条件となっている場合がほとんどです。億劫がらず、忘れずに受けることが大切です。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。