公開日: |更新日:

インプラントと天然歯はどう違うのか?

こちらではインプラントと天然歯の違いについて解説していきたいと思います。

インプラントは「第2の永久歯」と称される程、天然歯に近い特徴を持っていますが、それでも人間に自然に生えてくる歯とは、いくつか明確な違いがあります。

そこで、構造や歯肉との接し方、血液循環の有無といったポイントを取り上げ、それぞれ詳しく掘り下げてご紹介していきたいと思います。ぜひ知識を深めておいてください。

インプラントと天然歯の違い

歯根膜の有無

インプラントと天然歯で大きく異なるのが、この歯根膜の有無になります。見慣れない言葉だと思いますが、歯根膜とは簡単に言えば、あごの骨と歯の根っこを繋いでいる繊維状の組織のこと。「歯周靭帯」とも呼ばれます。この歯根膜があるおかげで、天然歯は簡単に抜けることなく固定されています。

一方、インプラントにはこの歯根膜がなく、あごの骨に直接、しっかり結合させるというやり方を行っています。そのため強く噛んでも、ずれたりすることがありません。

歯肉線維の方向

インプラントと天然歯では、それぞれの周囲にある歯肉線維にも違いがあります。そもそも人間の歯と歯肉というものは、歯肉線維によってくっついた状態となっているのです。

健康な天然歯の場合、歯肉の内部にある結合組織が歯の根っこの「セメント質」という部位に入り込む状態となり、歯肉線維が垂直に走っています。

対してインプラントはこの歯肉線維がインプラント体に対して水平に走っている構造であり、歯肉とインプラントとの結合は、天然歯ほど強固ではありません。

血液供給

言うまでもなくインプラントは人工物ですので、インプラントそのものには血液は流れません。あくまでも周囲の歯肉と骨に血液が循環しているに過ぎないのです。

対して天然歯の場合は、骨、歯肉、歯根膜と3つの方向からの血液供給がより豊富に行われています。そうした活発な血流は、好中球という細菌と闘う血液成分の出現も促すので、天然歯の感染防御力はインプラントよりも強くなる傾向があります。

インプラントの弱点

以上のような要因により、インプラントにはいくつか弱点があります。例えばショックアブソーバーの役割を果たす歯根膜がないので、強い力がかかり過ぎると、かぶせ物が破損する可能性あり。また歯肉線維の違いは、歯ぎしりへの弱点となっています。細菌感染に対する防御力も天然歯ほどではありません。

ずばり、インプラントに適切なケアと定期的な検診が必要なのは、こうした弱点があるからなのです。せっかく装着したインプラントを長持ちさせるには、しっかりとメンテナンスを行う必要があることを、今一度しっかりと心得ておいてください。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。