公開日: |更新日:

インプラントの費用

インプラント治療は歯を失った方などが行う治療であり、人工歯根をあごの骨に直接埋め込みます。このインプラントは自由診療のため、高額な費用がかかってしまうことがしばしばあります。何にお金がかかるのかを知っておくことで、適正な料金で治療を受けられるようにしましょう。

インプラントの平均費用

インプラント治療は自由診療のため、歯科クリニックが自由に治療費用を設定できます。そのため、各クリニックの設備や歯科医師の人件費、技術講習費用、材料費などによって、治療費用が異なります。

ただ、常識的な範囲での平均費用と言うのは存在しています。インプラント治療全体で言えば、1本あたりの相場は300,000円~500,000円程度。また、インプラント治療の費用には地域差もあり、都市部では350,000円~550,000円、それ以外の地域では300,000~450,000円程度です。

以下の項目では、治療部位別の平均費用についても見ていきましょう。

前歯部のインプラント1本あたりの費用相場

前歯のインプラント治療では、見えやすい部分であるために審美性(しんびせい)が求められます。歯茎と顎骨部分のバランスを考えながら治療を行う必要があります。治療にかかる費用としては、検査代、手術代、上部構造などトータルで平均300,000~400,000円になるでしょう。

このほかに治療期間中の仮歯代(5,000~20,000円)、抜歯(5,000~8,000円)がかかる場合もあります。また、前歯の場合は骨が薄い、歯茎が後退しているなどの現象も見られます。その場合には、別途対応する治療が必要になり、その分の費用もかかります。

奥歯のインプラント1本あたりの費用相場

奥歯のインプラント治療の費用は、主に検査代、手術代、上部構造などがかかり、平均費用は300,000~400,000円程度です。そのほかに治療期間中の仮歯代(5,000~20,000円)、抜歯(5,000~8,000円)がかかる場合もあります。

また、注意点として上顎奥歯の場合、骨が薄いと直上の上顎洞(じょうがくどう)という鼻とつながる空洞にインプラント体が貫通してしまう可能性があります。下顎では下顎管(かがくかん)という神経や太い血管があるので、傷つけないように注意する必要があります。いずれも、歯科用CTなどで十分な検査をすることが必要です。

オールオン4の費用相場

オールオン4は、無歯顎(むしがく:歯がまったく無い状態)の方や、歯が数本程度残っていても残すことが難しい場合に適した治療方法です。片顎で4本のインプラント体を埋入することで、人工歯を支えることができます。

従来のインプラント治療では、無歯顎の場合、10本以上のインプラント体を埋入する必要がありますが、オールオン4なら4本で済み、患者さんの負担も大きく軽減されるでしょう。また、費用面も抑えることができます。

具体的には、検査代、手術代、上部構造などを加えて片顎の平均費用が1,895,000~2,400,000円となっています。そのほかに治療期間中の仮歯代(5,000~20,000円)、抜歯(5,000~8,000円)がかかる場合もあります。

インプラントの費用項目

診査・診断

インプラント治療では、必ず事前に診査・診断が必要です。まず、相談から始まり、手術時のガイドを製作する診断ステント製作と歯科用CTなどで検査をおこないます。

また、歯周病の検査、手術に影響する病気を調べる血液検査も実施。このような診査・診断には15,000~50,000円程度の費用がかかります。

インプラント手術

インプラントの手術には、基本的に1回法と2回法があります。1回法はインプラント体を顎骨に埋入して歯肉を縫合せずに強固な結合(オッセオインテグレーション)を待つ方法です。2回法は歯肉を縫合してオッセオインテグレーションを待ち、2回目に再度歯肉を切開する方法です。

どちらを選択するかは、患者さんの症状によって異なります。手術費用の平均費用としては100,000~385,000円程度でしょう。この手術費用にはインプラント体の費用も含まれているケースが多いようです。

骨量が足りない場合の付随手術

インプラント治療では、顎骨にインプラント体を埋入しますので、骨量が足りないと治療ができません。その場合には付随手術が必要となります。骨を増やす手術の種類は多くあり、患者さんの状態に合わせてどの方法が適しているかを検討していきます。

インプラント手術と同時にできるものもあれば、自分の骨を取って移植する方法もありますので、費用については非常にばらつきがあります。特によく実施されているGBRという方法の場合、平均費用は1箇所につき30,000~100,000円程度と考えられます。

手術関連処置

手術関連処置はさまざまな種類があります。例えば、歯肉切開をしないフラップレス手術に使用するサージカルガイドの費用や、手術中の恐怖心を和らげる点滴の麻酔、静脈内鎮静法など。また、審美的な面を考慮しておこなわれる歯肉の形成術なども含まれるでしょう。

これらの種類は多岐にわたるため、平均費用を出すのは難しく、患者ごと・治療ごとに見積もりを算出します。

上部構造

上部構造とは、インプラント体に取り付ける人工歯の部分です。かみ合わせを調整する仮歯や、連結部品であるアバットメントなども含まれます。

また、ポンティックというインプラントを使用したブリッジ部分の人工歯や、取外し可能なインプラントオーバーデンチャーもあります。こちらの平均費用は50,000~200,000円程度です。

定期メンテナンス

定期メンテナンスはインプラントにとって非常に重要なものです。天然歯の歯周病にあたるインプラント周囲炎を予防してインプラントを長期間使用するには、必ず実施する必要があります。具体的には、歯科医師によるかみ合わせや口腔内全体のチェック、衛生士による清掃、上部構造を外した清掃などをおこないます。

平均費用としては、1回あたり1,500~10,000円程度でしょう。

インプラントが高額な理由

感染症対策などの衛生面への投資

インプラントは外科的手術が必要な治療ですので、感染症対策などに細心の注意を払う必要があります。各種設備を衛生的に保つための設備投資が必要不可欠となり、そこにかかるコストを治療費に転嫁せざるを得なくなります。

歯科用CTなど、安全性のための設備投資

インプラント治療は人それぞれ異なる口腔内の状態やあごの骨の状況に合わせた治療を行う必要があるため、歯科用CTなどの設備を用いてしっかりと検査を行う必要があります。そのため前項と同様にかかる設備投資のコストを治療費に転嫁する必要があり、どうしても高額な費用が必要となります。

インプラントの4大メーカーはすべて海外

インプラントにおいて多く使用されている4大メーカーはすべて海外の企業となっており、質の高いインプラント機器は海外から輸入する形となっているのが現状です。そのため流通コストなどの兼ね合いもあり購入にかかる費用が高くなってしまい治療費総額としても高額になってしまいます。

そもそも難易度が高い手術なので研修費用などが必須

インプラント治療は前述の通り外科的手術が必要になる治療であるため、高い技術力や専門性が求められます。そのため施術が可能な医師を育成するまでに相当な時間と費用がかかり、他にも研修などさまざまな学習コストも必要となります。設備投資と同様に治療費に転嫁せざるを得なく、全体として治療費が高いイメージとなってしまいます。

信頼できるクリニックの見抜き方

明朗会計であること

クリニックによってはインプラントの治療費を事前にしっかりと開示しており、内訳ごとの金額記載や追加コストの発生可能性がない旨をはっきりと記載しているところがあります。それらのような明朗会計を謳っている医院であれば比較的信頼できるといえるでしょう。

検査など必要なモノなのに内訳に含まれていないものはないか

必要となる治療費の内訳は必ず確認するようにし、必要なはずの費用が記載されているかどうかを確認しましょう。もし必要なはずの費用が記載されていない場合は追加で請求される可能性がありますし、実施しないのであればそれもそれで問題です。インプラント治療には何が必要なのかを事前に調べておき、内訳は必ず確認するようにしましょう。

納得してから治療を受けよう

高い費用がかかる治療だからこそ、インプラントは内訳や治療内容、費用に納得してから治療を受けるようにしましょう。費用面でトラブルが起こってしまうと治療が円滑に進まなくなる可能性もありますので、しっかりと事前に勉強しておくことをおすすめします。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。