公開日: |更新日:

インプラントの破損

インプラントは機能性や耐久性に優れており、義歯の見た目も自然なのでインプラント治療を選択される方も多いでしょう。しかし人工のものだからこそ破損してしまうこともあります。ここではインプラントの破損について解説します。

インプラントの破損について

義歯の破折

「義歯の破折」とは、義歯が割れたり折れたりひび割れることをいいます。インプラントの場合、顎の骨に結合している人工歯根と上部構造(被せ物)、その間を繋ぐアパットメント(連結部分)があります。この人工歯根が破折してしまった場合、周囲の骨と一緒に削り取る必要がある可能性があります。この場合、残った骨の量によっては再びインプラントを入れることができないこともあります。

義歯の脱落

「義歯の脱落」は、被せ物やアパットメントが外れてしまうことを指しており、さまざまな原因によって起こる可能性があります。外れてしまうのには当然ですが何らかの原因がありますので、素人考えでただただ戻したりそのまま過ごすことはやめましょう。必ず医師に相談し、適切な対応を行う必要があるでしょう。

義歯のゆるみ・グラつき

インプラントを使用していると、義歯のゆるみやぐらつきなど、義歯を固定しているスクリューやアパットメントを固定しているスクリューの緩みが起きることもあります。食事の際にぐらつきを感じるなど、日常生活を営んでいて違和感を覚える場合には早急に医師に相談するようにしましょう。このような状態を放置していると、義歯の破折や脱落に繋がるほか、口腔内の環境を清潔に保つことができなくなる可能性があります。

インプラント破損の原因

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎がインプラントの破損に繋がるケースもあります。具体的にはインプラント周囲炎により口腔内で細菌感染を引き起こし、これがどんどん進行してあごの骨がかなり減ってしまうことが破損に繋がる場合があります。

強い衝撃が加わった(事故・歯ぎしりなど)

人工物であるインプラントは、物理的な衝撃で破損する可能性もあります。なんらかの大きな事故にあって衝撃を受けた場合や、歯ぎしりなどにより継続的な負荷がかかってインプラントが徐々にダメージを受け、破損してしまうケースが考えられます。

定期メンテナンスに行っていない

インプラントは入れて終わりではなく、その後のメンテナンスが非常に大事です。定期メンテナンスを行うことで異常の早期発見や適切なインプラント管理を行うことができるため、長期的に利用するためにはこのメンテナンスは必須といえるでしょう。

インプラント破損の対処法

外れたものを戻そうとするのはNG

被せ物が外れた場合などは元通りにはめると戻ることもあります。しかしながら正しい位置に入っていないとかみ合わせが変わってしまったり、インプラントに無理な力が加わってしまうこともあります。そのため、外れた部分はそのままにしてすぐに医療機関を受診するのがよいでしょう。

放置はもっとNG

外れた部分に痛みを感じず、食事をしたり日常生活において特段支障を感じない場合、そのまま長期に亘って放置する方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら長く放置してしまうとその間に他の歯が少しずつ動いてしまい、インプラントの再治療が難しくなってしまう可能性があります。そのため、どの部分が外れてもひとまず医療機関を受診するようにしましょう。

フィクスチャーが折れたら除去が必要

人工歯根であるフィクスチャーが折れてしまった場合、除去が必要になります。これはインプラント治療においてフィクスチャーと顎の骨を結合するという構造上仕方がなく、取り除くことで骨が減りすぎてしまうと再び埋入することができなくなる可能性もあります。歯科医院によってはフィクスチャーだけを取り除くツールを用意しているところもあります。ただし、スクリュー部分やアパットメントが破損した場合には取り換えられる可能性もあります。

破損したらすぐ医療機関へ

インプラントの破損は、日常生活に支障が出る形も出ない形も想定されます。しかし支障がないからといって放置したり自分で応急処置をしてしまうとさまざまなリスクが発生してしまいます。そのため、異常を感じたらすぐ医療機関にかかるようにしましょう。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。