公開日: |更新日:

インプラント中に飲酒は控えた方がいい?兼ね合いは?

こちらではインプラント施術と飲酒の関係性について解説しています。

インプラント施術を受けた場合、術後の一定期間は飲酒を避ける必要があります。ただし、そのままずっと禁酒しなければならないということはありませんのでご安心ください。この機会にインプラントの知識を深めるためお役立てください。

飲酒による患部への影響とは

インプラントの施術は、歯茎を切開し顎の骨を削るという大掛かりな外科手術であり、身体的にも大きな負担がかかるものです。個人差はありますが、インプラントの術後は傷口が腫れやすく、再出血が起こりやすい状態となっています。

そこへアルコールを摂取してしまうと、血の巡りが促進されます。そうすると、腫れがより酷くなったり、場合によっては炎症をおこしやすくなる、再出血が起きやすくなるといったリスクが高まってしまうのです。切開して縫合されている傷口の治癒も、遅くなってしまいます。

またインプラントの施術後には痛みや腫れを抑えたり、感染症の予防のため内服薬が処方されますが、アルコールを摂取してしまうと、そうした薬の効果も正しく発揮されない可能性が出てしまいます。

繰り返しになりますが、インプラントは大がかりな外科手術であり、術後は傷口が不安定であるということをしっかりと認識し、そうした状況が落ち着くまで飲酒は控えるべきです。この点はしっかりと踏まえておくようにしましょう。

飲酒は術後、1週間程度経ってから

上記の通りインプラントの施術後は一定期間、飲酒を控えるべきですが、お酒好きの方は「それはどれ位の日数なのか」という点が気になるところでしょう。一般的には、術後1週間程度というのがひとつの目安となっていますが、あくまでも目安。状況に応じた判断が必要になります。

そもそも傷の治癒や腫れの収まり具合というものは個人差があり、またその時々のコンデションなどにも左右されます。ご自身で1週間経ったから大丈夫と判断するのではなく、かならず医師に術後の経過をチェックしてもらった上で、飲酒の可否を判断してもらうことが賢明です。

インプラントを埋め込んだら、お酒はしばらくガマン!

以上の通り、インプラントの施術後は傷口の状態や腫れなどが落ち着くまで、お酒はしばらくガマンすることが肝心です。晴れてお医者さまから飲酒OKとなったら、ガマンした分、より美味しくお酒を楽しめるはずですから、それを励みに頑張りましょう。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。