公開日: |更新日:

インプラントを受けられる年齢とは?

こちらではインプラントの施術が受けられる年齢について解説していきたと思います。

インプラントの施術を検討されている方のなかには「インプラントに年齢制限はあるのか?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。端的に言ってしまえば、18歳以下は不可、上限制限はなし、ということになります。また注意すべき点が色々とありますので、ぜひ知識を深めておいてください。

子どもはインプラントができる?

繰り返しになりますが、インプラントは満18歳以上であることが必須条件になります。子どもが受けることはできません。また18歳以上であっても、状況によってはインプラント施術を先延ばしにするということも起こり得ます。その理由を、詳しくご紹介していきましょう。

子どもがインプラントをできない理由

あごが成長途中のため

インプラントはご存知の通り、あごの骨にドリルで穴を開けて埋め込むという手術を行います。一方、子どもの顎というのは成長過程において、大きさもどんどん変わっていきます。それゆえ、子どもにインプラントを埋入すると、あごの成長で位置がずれてしまったり、他の歯に悪影響を及ぼす可能性があるため、子どは原則的に、インプラントが受けられないのです。

ポイントは身体の成長がとまったかどうか

前述の18歳というのはあくまでも最低限のラインであり、クリニックによっては20歳以上としているケースもあります。

そして実際の可否は、身体の成長がとまっているかどうか、という点で判断されます。言うまでもなく個人差があるため、18歳で可能な場合もあれば、20歳を過ぎても様子を見る必要がある場合もあるといった具合です。

放置の危険性

以上の通り、子どもはインプラントを受けることはできませんが、事故やなんらかの理由で歯を失ってしまった場合、そのまま放置してしまうのは厳禁。以下のようなリスクがあります。

隣接する歯が倒れてくる

そもそも歯というものは、お互いが支え合って全体のバランスを保っています。それゆえ、1本歯が抜けてしまうと、隣の歯が抜けたスペースに倒れてきてしまうのです。

かみ合わせが崩れる

上記の通り歯が倒れてしまうと、当然ながら噛み合わせが悪くなってしまいます。食べ物の租借に悪影響なのはもちろん、あごに負担がかかってきてしまい「顎関節症」となってしまう可能性も出てきます。

頭痛などの不調が現れる

かみ合わせが崩れると口まわりの不調だけでなく、頭痛や肩こりといったことを引き起こす原因となることも知られています。

子どもが歯を失った時の対処法

保隙装置

歯が抜けてしまったスペースを確保する装置で、歯が抜けたスペースに隣の歯が倒れてくるのを防止します。先に述べました通り、噛み合わせがずれてしまうことを防ぎ、将来的なインプラント治療への備えとします。

仮歯

失ってしまった歯が前歯の場合は、見た目を重視し、左右の歯を支えにして仮歯を装着します。ただし仮歯は強度があまりないので、長期間に及ぶ場合は小児義歯というタイプを用いるケースもあります。

高齢者はインプラントができる?

子どもの場合とは異なり、インプラントには年齢の上限というものはありません。また厚生労働省が行った調査によれば、歯を失ってしまった場合にインプラントを選んでいる割合が最も多いのは、65~79歳の年齢層となっています。

参照元:【PDF】厚生労働省 平成28年歯科疾患実態調査結果の概要(https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/62-28-02.pdf)

ただし高齢者の場合、インプラントを受けるには健康面の状態に留意が必要となります。インプラントは言わば大規模な外科手術であり、全身に一定レベルの負担もかかるため、いくつかの条件をクリアする必要があります。

インプラントが可能な高齢者とは

特定の持病をもっていないこと

例えば心臓病や肝臓・腎臓・膵臓の疾患、高血圧、糖尿病や骨粗鬆症などにかかっている場合は、医師の判断によってインプラントの施術不可と判断される場合はあります。またペースメーカーを埋め込んでいる場合や薬で血糖値をコントロールしているといった場合も、手術によって悪影響がある恐れあり。必ず医師の判断を仰いでください。

定期検診のための通院が可能なこと

インプラントは装着したらそれで終わりではなく、定期的な検診が不可欠です。そのための通院が行えることも、高齢者がインプラント施術を受けるための条件として見逃せない点となっています。

健康でも医師選びは重要

上記のような持病がなく、定期的な通院に問題がない場合でも、高齢者はなるべく、インプラント施術の経験が豊富な医師、とりわけ難症例の経験があるような医師を選ぶことが望ましいと言えます。

例えば、歯を全部失ってしまった場合には「オールオン4」という施術がありますが、対応できる医師は限られているからです。この点にも留意しておいてください。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。