公開日:|更新日:

【症例別】歯医者の選び方

歯医者の診療科目

歯科としての診療科目には、歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科の4科目があります。

歯科では、虫歯の治療や歯周病、入れ歯の治療など一般的な歯科治療を行います。

口腔外科では、口腔(口の中)や顎、顔面などの疾患に対応します。交通事故などによる顔や顎のケガに対する外科的な処置、親知らずの抜歯に対する処置を行うのが、口腔外科です。

矯正歯科は歯並びを整えることを専門に行い、小児歯科は成長発育期にある子どもの虫歯治療や予防を行います。

インプラントの選び方

インプラント治療を行う際には、感染予防のために無菌室に近い手術室、空気清浄機や滅菌機、超音波洗浄機などの設備があることが望ましいでしょう。

また、歯科用CTがあるとレントゲンでは分からない、より精密な状態を把握することができます。 その他にチェックした方が良い部分について紹介します。

インプラントの資格

インプラント治療は、歯科医師の資格があれば可能ですが、インプラント指導医・専門医の資格を保有している医師であれば、より専門的な対応が可能だといえます。

インプラント指導医は、インプラント治療を熟知し、指導的な知識と技能があり指導医試験に合格した医師です。インプラントに関連する学会は複数あるため、自身が治療を受けたい分野の学会を選ぶと良いでしょう。

インプラントの歯医者選びは?基準となる学会・資格を紹介

インプラントは大学病院で受けた方が良い?

インプラント治療は基本的に自費診療です。一定の条件を満たしていてインプラントが保険適用になる場合や他にも何か病気を抱えている場合はインプラントを大学病院で受けたほうが良いでしょう。

歯科医院と大学病院のインプラントの違い

インプラントの施術方法

インプラントの施術方法は1つではありません。

一般的に行われているのは、歯肉を切開して専用のドリルで人工歯根と同じ長さ・太さの穴をあけ、歯根部分を完全に埋め込み、その手術の回数で種類が分かれる1回法・2回法です。

ただ、最近では新しい治療法として、歯肉を切開する必要のないフラップレス手術や、ドリルを使わず10本以上の千枚通しのような器具で少しずつ穴を大きくしていくOAM(大口式インプラント)もあります。

クリニックによって対応できる治療法が異なります。治療法について事前に調べ、歯医者さんに相談してみましょう。

インプラント手術の種類を紹介!

インプラントの種類

インプラントのメーカーは数百もあり、その性能も様々です。歴史が長く、実績のあるメーカーを使用しているクリニックを選びましょう。

インプラントの種類と代表的なメーカー

金属アレルギーでもインプラントはできる?

インプラント体はチタンでできており、金属アレルギーを発症しにくい状態にあります。しかし、発症の可能性はゼロではありません。医師によっては金属を使用していないメタルフリーのものを扱っている場合があります。

金属アレルギーとインプラント

インプラント治療の流れ

カウンセリング(インプラント相談)をした後、検査・計画を行って施術の契約をします。一次処置 インプラント埋入をして抜歯調整をします。そして、二次処置 アバットメント取付後、型取りを行って完了となります。

インプラントの治療、具体的流れとは?

インプラントの費用はどのくらい?

手術費・レントゲン・CTの撮影などの検査費・インプラント本体など、手術や準備に必要なもの・埋め込むインプラント体などが必要になります。検査費用なども必要になるため、カウンセリングを受ける際に注意しましょう。

インプラントの治療、具体的流れとは?

インプラントは費用控除は使える?

インプラントは医療控除の対象です。確定申告で申請すると、一定の金額が返ってきます。1年間の医療費の合計より保険金などで補われる金額、総所得の5%もしくは1万円(いずれか少ない方)を差し引いた金額となっているため、利用してみましょう。

実はインプラントは医療費控除の対象!

インプラントのメリットは?

機能も見た目も天然の歯に似ており、治療後の違和感や周囲の健康な歯への影響はありません。寿命はほぼ半永久的ともされていて、長持ちするので頻繁に取り換える必要もありません。費用面や治療期間が長いなどのデメリットも考慮して選びましょう。

インプラントには、どんなメリットがあるのか

インプラントのリスク

インプラントには顎の骨に定着しなかったり医療事故による神経麻痺を起こしてしまったりすることがあり、過去には死亡事故も発生しています。リスクを踏まえた上で十分な設備や実績・資格を持つ信頼できる医師が在籍している医院を選ぶようにしましょう。

インプラントのリスク

インプラントに年齢制限はある?

基本的には18歳以下は不可、上限制限はありません。子供は顎の発達途中という点が理由です。体の成長がインプラント治療を受けられるかどうかの判断ポイントとなっているため個人差があり、場合によっては20歳以上になっても受けられないこともあります。

インプラントを受けられる年齢とは?

インプラントの痛みや腫れへの対処法

インプラントの痛みには大きく分けて、手術中の痛みと手術後の痛み・腫れがあります。骨造成や骨移植・歯肉移植などを行う場合はその痛みも生じる可能性があります。手術中の痛みは抜糸程度・手術後の痛みはチクチクする痛みから抜糸程度となりやすい傾向があり、手術後は痛み止めと抗生物質も処方してもらうことができます。

インプラントの痛み

インプラントの麻酔について解説

インプラントでは手術中に麻酔を用いて痛みを感じにくくなるようにしています。麻酔は意識を残したまま麻酔をすることができる局所麻酔・全身に麻酔を行う全身麻酔、リラックスして手術を受けやすくする笑気麻酔・静脈内鎮静法といった種類もあります。

インプラントの麻酔

インプラントの寿命について

日本口腔インプラント学会より公開されている「20年以上経過したインプラント患者のアンケート調査」によると、回答者の中で20年以上経過したインプラントの状態について「問題なし」と回答した人は78%で長持ちすることがわかります。インプラントの寿命を延ばすには定期メンテナンスに通い、禁煙・かみ合わせを直すといったことを大切にしましょう。

インプラントの寿命

インプラントを長く使うためのメンテナンス

インプラントのメンテナンスは歯ブラシでのブラッシングやフロス・デンタルリンスを使ったホームケア、口腔内の検診やレントゲン検査・クリーニングがあります。メンテナンスを怠ってしまうとインプラント歯周炎やかみ合わせ不良による体調不良や摩耗などの不具合やインプラントの保証が受けられなくなることがあるので注意しましょう。

インプラントを長く使うためのメンテナンス

歯列矯正の選び方

歯科用CTや口腔内3Dスキャナー、顎の動きを測定するアキシオグラフ(顎運動測定器)などの設備があるクリニックが良いでしょう。

他にも、歯列矯正クリニックを選ぶ際に見た方が良いポイントについて紹介します。

歯列矯正の資格

歯列矯正にも、患者がより良い矯正治療を受けられるように専門資格があります。矯正歯科に関する学会や団体が設けており、審査を通過した医師だけが得られる資格です。

ただ、矯正歯科学会もたくさんあります。日本舌側矯正歯科学会のようなものもありますので、医師の肩書はしっかりチェックして選びましょう。

歯列矯正の施術方法

マウスピース矯正の種類

マウスピースにはインビザラインやアソアライナー、キレイライン矯正、クリアライナー、クリアコレクトなど多くの矯正ブランドがありますが、大きく「全顎矯正」と「部分矯正」の2つ分けられます。

奥歯を含めた全顎矯正が可能なマウスピースとしては、インビザラインやクリアコレクトなどが該当します。前歯を中心とした部分的な治療が出来るマウスピース矯正には、アソライナーやキレイライン矯正などがあり、インビザラインも部分矯正プログラムを提供しています。

裏側矯正の種類

歯の裏側に装置を付けるため目立たない、虫歯になりにくいメリットがある裏側矯正にも、種類があります。

フルオーダーメイドの矯正装置であるインコグニート、ワイヤーで留めないため摩擦がかからず痛みも抑えられるセルフライゲート、裏側矯正に使用する装置の中でも小さく違和感のないS.t.b.など、歯の状態や希望によって最適な治療を選ぶ事が大切です。

ワイヤー(表側)矯正の種類

ワイヤー(表側)矯正は銀色のワイヤーを用いた矯正が一般的でしたが、最近は白色でコーディングし目立たないホワイトワイヤーを用いるクリニックも増えてきました。

他にも、シャッターやクリップ機能を持つブラケットを使うセルフライゲーティングブラケットもあり、デーモンシステムやクリアスナップといった種類があります。

デーモンシステムではデーモンブランケットにワイヤーを軽く接触させて従来の600分の1の摩擦力に抑えています。 クリアスナップはブラケットに乳白色のキャップをかぶせるもので、デーモンシステムと同様に摩擦力を少なくして少ない痛みで治療ができます。

ホワイトニングの選び方

ホワイトニングをするクリニックには、バイオフィルム・プラークを分解洗浄しながら除菌できるポイックウォーターなどの設備があると良いでしょう。

他にも見ておきたいポイントについて紹介します。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院で歯型を取ってマウスピースを製作し、マウスピースに薬剤の入ったジェルを入れて毎日自分で装着する方法です。ホームホワイトニングは効果が出るまで時間がかかります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯にホワイトニング剤を塗布して光を当てて施術するほか、セラミックをくっつける方法もあります。

短期間で効果が出ますが、白さを維持するためには定期的に歯科医院での施術を行わなければいけません。

ホワイトニングの資格はある?

ホワイトニングを行う資格としては、日本歯科審美学会が認定しているホワイトニングコーディネータがあります。 こちらの資格を得るためには、歯科衛生士の免許を有し、認定講習会に受講すること、そして認定試験に合格することが必要で、ホワイトニングについて正しい知識と技術を持つことを示します。

虫歯治療の選び方

虫歯治療を行う際には、設備として歯科用レントゲンやCT、デジタルレントゲン、マイクロスコープ、レーザー治療器、ポイックウォーターなどがあると良いでしょう。

その他、見ておいた方が良いポイントを紹介します。

虫歯治療で頼れる資格とは

歯を抜くことなく治療を行う、歯を維持・保存して機能させるための研究教育を目的とした日本歯科保存学会の認定資格として、歯科保存治療認定医があります。

申請書類の提出だけでなく筆記試験や委員会での審査を経て認定されるもので、歯科保存額の専門的知識と基本的な技能を有することを示します。

歯周病治療の選び方

歯周病治療では、設備としてポイックウォーター、マイクロスコープ、レーザー治療器などがあると良いでしょう。

他にも見た方が良い部分を紹介します。

歯周病治療で頼れる資格とは

歯周病治療の資格としては、日本歯周病学会が認定する認定医や歯周病専門医、指導医、認定歯科衛生士があります。 いずれの資格も、歯周病治療に関する幅広い知識と技術を有することを示すものです。

小児歯科の選び方

小児歯科を選ぶ際には、キッズルーム、おむつ交換代、授乳スペースなどがあると良いでしょう。

他にも、チェックしたいポイントを紹介します。

小児歯科で頼れる資格とは

小児歯科に関する専門的な知識と技術を有することを示す資格として、日本小児歯科学会が設けているのが小児歯科専門医制度です。

筆記試験や小児歯科に関する症例の提示などの審査に通過しなければ得ることができません。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。

関連記事一覧