公開日: |更新日:

自由診療と保険診療の違い

医療の診療では、自己負担額が少ない保険診療・新しい医療が受けられる自由診療・一定の条件を満たして両方を受ける混合診療があります。

保険診療とは

保険診療とは、健康保険をはじめとした公的医療保険制度を利用して受けられる診療です。疾患ごとに検査や治療内容などについて規定があるので、治療は規定の範囲内で行う必要があります。

公的医療保険制度に加入していれば、この保険診療を受けることができます。現役世代の場合は医療機関の窓口で3割を支払うだけでいいことになっています。

歯科診療においては医師による診察や検査・画像診断等を用いて患者の状態を判断すること、注射や処置・医薬品や治療に必要な物資の支給なども対象となります。

保険診療のメリット

幅広い適用範囲

公的医療保険は適用範囲となる診療が幅広くあり、患者は日本国内のどの医療機関であっても一律の料金で受診できます。医療機関側で自由に診療金額を設定できないため、患者側からもわかりやすい料金となっています。

また患者の状態から在宅療養や訪問看護が必要な場合も、医師が判断すれば入院・外来と同じように公的医療保険の対象となります。

様々な治療に柔軟に対応

保険診療は様々な治療にある程度柔軟に対応できる制度となっています。医師が保険医の指定を受けている柔道整復師・灸師・鍼師などの治療が必要と認めた場合には、患者へ医師が同意書を交付すると柔道整復師・灸師・鍼師などの治療行為も保険診療の対象となります。規定されている範囲内といっても、医師の判断である程度柔軟に対応できます。

保険診療のデメリット

制限の中での治療

保険診療は健康保険法をはじめとした法律に基づき、使用する薬剤の種類・量・リハビリの回数などが決まっています。治療はこの内容に沿って行う必要があり、海外で使用が認められている薬剤であっても使用はできません。このような点で自由診療や混合診療に比べて保険診療に柔軟性はあっても自由度は低いです。

また、自由診療との混合診療が認められていないので治療の内の一部であっても自由診療となってしまうと、その診療に関する治療はすべて自己負担になってしまいます。保険診療を受けて3割程度の負担で済むはずの治療が全額負担になってしまうと、費用面も大変になってしまうので注意しましょう。

医師が良い顔をしない可能性がある

医師によっては保険診療に関してあまりいい顔をしないことがあります。これは保険診療では全て点数が決められていて、1点当たり10円となっていることが影響しています。

自由診療であれば、ある程度の目安はあっても治療の金額は医師と患者の話し合いで自由な単価設定が可能で保険診療よりも多くの報酬が得られる可能性があります。

例えば交通事故のような場合は、加害者側の保険会社が治療費を支払う傾向がありますが、自由診療で治療することが多い内容で保険診療を希望すると、医師はあまりいい顔をしない可能性があります。

自由診療とは

自由診療とは、健康保険や診療報酬の適用外の診療のこと。日本でまだ厚生労働省の承認を受けていない、海外の新しい薬や医療機器を用いた治療を受けられるのがメリット。がんをはじめとした難しい病気を発症してしまった場合、自由診療であれば新しい医療技術を利用できる診療を受けることも可能となります。歯科治療であればインプラント治療のような高額な治療は自由診療となります。

自由診療のメリット

制限なく受けられる

自由診療であれば、保険診療よりも治療の選択肢が増えます。自分の体質や抱えている病気に合わせて、自由に治療を受けられます。また、日本で未承認だけれども、海外では承認されている治療方法を受けたい場合も自由診療であれば治療を受けられます。

自由診療では守るべき法律自体はあるものの、それを守っていれば医療機関が自由に治療費を設定することができます。医療機関側からすればより多くの報酬を得られるメリットもあります。患者側にも新しい医療を受けられるメリットがありますが、あとでトラブルになるのを避けるためにも費用面で納得できる説明を受けましょう。

自由診療のデメリット

新しい治療法だからこそリスクがあることも

自由診療のデメリットとして、保険診療のようなある程度一般的な治療と異なり、新しい医療を受ける場合には海外で高い治療効果のデータがあったとしてもまだ治療薬や治療方法としては確立ができていない可能性があります。海外の人達には大丈夫でも、日本人の体質に合うかは実証が十分にされていない可能性もあるので注意が必要です。

医療費が高額

自由診療は公的医療保険を適用することができません。そのため、他の治療法であれば3割程度の負担でできる場合も、自由診療にしたことで高額な費用が必要になることもあります。費用総額が数百万円以上に達する自由診療もあり、貯金が十分にある方や自由診療対象の民間の保険に加入していない場合は自由診療を受けられないこともあります。

混合診療とは

混合診療とは、保険診療と自由診療を併用することです。日本の医療保険制度では、一疾患に対する一連の診療行為において保険診療と自由診療を併用することは原則禁止とされています。これは、国民皆保険制度の「平等な医療を受ける機会を保障する」という目的から外れてしまうことが理由です。

ただし、厚生大臣の定める高度先進医療や選定療養においては、一部例外があります。この場合、基本的な部分を医療保険で賄い、それを超える部分の支払いについては、患者の同意のもと患者が支払う(徴収される)ことになります。これを「保険外併用療養費」といいます。

参照元:厚生労働省「保険診療と保険外診療の併用について」(https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/heiyou.html)

混合診療(保険外併用療養費)のメリット

費用負担が少し軽くなる

保険外併用療養費の「厚生労働大臣が定めた」という条件を満たせば、患者は一部保険適用にできるので新しい医療や高度な医療を受けやすくなっています。

混合診療(保険外併用療養費)のデメリット

必ずしもいい選択ができるとは限らない

患者と医師は必ずしも同じ考えになるとは限りません。保険外併用療養費の対象であっても、選択肢が多いことで患者の迷いに繋がったり後悔の残る選択をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

メリット・デメリットを見極めよう

ある程度の柔軟性を持ちつつ法律の範囲内での治療が求められる保険診療、自己負担が多いものの自由な診療が受けられる自由診療、一定の条件を満たした場合に一部の治療方法を保険適用・自由診療にできる混合診療についてみていきました。メリット・デメリットが異なるため、検討する場合は負担費用についても考えながら決めていきましょう。

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。