公開日: |更新日:

歯科医療での医療費控除制度

歯科診療には保険適用のものからインプラント・歯列矯正などの自由診療まで様々なものがあります。医療費や交通費が10万円を超える場合は一定の金額が還付金として帰ってくる場合もあるので、医療費控除の申請も検討してみましょう。

このページの参照元:国税庁「No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)」(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1120.htm)

医療費控除とは

医療控除とは1月1日から12月31日までの1年間に払った医療費と通院にかかった交通費が10万円を超える時に、一定の金額を還付金として返還する制度のことです。5年間までさかのぼって税務署に申告手続きを行うことができます。

還付金を受け取れる人は医療を受けた本人や生計を一緒にする家族となっています。「生計を共にしていること」というのが重要で、扶養家族にならない共働きの夫婦であっても医療費控除の還付金は受け取れます。

医療費控除の計算方法

医療費控除の計算方法は、「医療費控除額×所得税率還=還付金」となっています。医療費控除を受けるには、医療費・医薬品や通院にかかった交通費の合計が10万円以上になることが条件となります。

医療費控除額は1年の間に支払っている医療費から保険金と10万円を引いた額のことになります。これを計算式で表現すると、「支払った医療費の合計-保険金等で補われる金額-10万円=控除の対象金額」となります。

医療費控除額は200万円が上限となり、計算の結果マイナスになってしまった場合はこの制度は利用できないので注意しましょう。

医療費控除の手続き

申告先

医療費控除は確定申告の際に税務署に申告を行います。

必要な書類

医療費控除を確定申告で提出する際に必要な書類には下記のようなものがあります。

申告手順

医療費控除の確定申告は毎年1月以降に行うことができます。まずは必要となる書類を準備して、確認を行いましょう。その後、所轄税務署長宛てに確定申告書もしくは電子申告(e-tax)にて医療費控除に必要な事項やその他の必要な事項を記入して申告をしましょう。書類を提出・もしくは電子申告を行うと、1ヶ月~1ヶ月半程度で還付金が送金されます。

分割払いをしている場合、分割の途中で申告をすることはできません。また通院で利用した自家用車のガソリン代や歯のホワイトニング・歯科ローンの利子など、医療費の内容によっては対象外となるため、事前にこの点を確認しておきましょう。

歯科診療における医療費控除

歯の治療での医療費控除では、自由診療によるものや高価な材料を使用して治療費が高額になるなど、一般的な歯科治療費の水準よりも高額になる特殊な治療を対象として医療費控除を受けることが可能となります。また、子供の成長を妨げないことを目的として行う不正かみ合わせの歯科矯正のように歯列矯正を受ける患者の年齢・矯正の目的などから必要と認められた場合は、費用が医療費控除の対象となります。

治療のための通院費も医療費控除の対象となり、幼い子供の通院のように付き添いが必要な場合は付き添い人の交通費も対象です。しかし、美容目的での治療や自家用車での通院でのガソリン代・駐車場代は医療費控除の対象とならないため、注意が必要です。

関連ページ:実はインプラントは医療費控除の対象!

ローンやクレジットカードで支払う場合について

歯科ローンやクレジットカードでは患者が支払う治療費を信販会社が先に立替をして、その後患者が信販会社へ返済を行っていく形となっています。歯科ローンが締結されて患者の立替払いをした時の医療費が医療費控除の対象となります。歯科ローンを利用した場合は患者の手元に歯科医の領収書がないこともあり、この場合には医療費控除を受ける時に支出を証明する書類として歯科ローンの契約書・信販会社の領収書を保存しておくことが大切です。

歯科ローンでは金利や手数料が発生しますが、この部分は医療費控除の対象とならないため、注意しましょう。

歯科医療で医療費控除を上手に活用しよう

一定の基準がありますが、1月1日から12月31日までに1年間に払った医療費と通院にかかった交通費が10万円を超えてしまう場合には医療費控除を申告してみると一部お金が返ってくる可能性があります。ローンやクレジットカードの場合には申告のタイミングに注意が必要で、手元に領収書がない時には歯科ローンの契約書・信販会社の領収書を代わりに証明書類として利用できるため大切に保管しておきましょう

悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。