公開日:|更新日:

歯医者の自由診療

インプラントや矯正歯科は自由診療で保険が適用されないため、治療費が高額になるケースが多く見られます。しかし、状況によっては保険適用になることもあるようです。また、高額療養費制度や医療費控除制度を利用すると、治療費を軽減することも可能です。

自由診療と保険診療の違い

保険診療は、国民健康保険や共済組合など、公的医療保険制度が適用される診察で、保険に加入している人なら、自己負担は現役世代の場合「診察費用の3割」です。自由診療は、各病院が料金設定を決めている診察のことで、患者さんの病気の状態に合わせて治療を受けることができますが、保険が適用されないので「すべて自己負担」となります。例えば、インプラントや矯正歯科、抗がん剤費用などがこれに当たります。全額自己負担のため、支払う治療費が高額になるケースが多いのが現状です。

自由診療と保険診療の違い

保険適用

公的医療保険制度の対象者は国民全員で、「国民皆保険制度」といわれています。公的医療保険制度は、国民健康保険や健康保険、共済組合、後期高齢者医療制度などに分類され、病気やけがで診察を受けた際、医療費の一部を健康保険などが負担してくれる制度です。窓口負担の割合は義務教育就学後~69歳までが原則3割。乳幼児や70歳以上は1~2割ですが、70歳以上であっても現役並みに所得がある場合は、3割負担となります。休業や出産に対して経済的負担が軽減されるというメリットもあり。

保険適用のメリット&デメリット

高額療養費制度

医療機関の窓口で支払う医療費が1か月(1~末日まで)で上限を超えた場合に、超えた分が支給される制度を「高額療養費制度」といいます。自己負担の限度額は年齢および所得によって異なり、世帯で複数の人が同じ医療機関を受診した場合、自己負担額を世帯(協会けんぽに加入している被保険者とその被扶養者)で合算することも可能です。

医療費が高額になるとあらかじめ分かっている場合は、限度額適用認定証を提示すると、自己負担限度額までの支払いとなるので便利です。

重度の症例では健康保険と高額療養費制度が適用となるケースもある

医療費控除制度

1年間に支払った医療費が限度額を超えた場合、確定申告をすると超えた分の医療費が課税対象の所得から控除され、のちに戻ってくる制度です。医療費控除の対象となるのは、インプラントや歯科矯正などの保険外費用、医療機関に支払った治療費、通院費用・往診費用など。確定申告の対象となる人は、所得税・住民税を納付している、勤務先の健康診断や特定健診、予防注射を受けているなど。

確定申告の期間は毎年2月16日から3月15日まで。給与所得者の還付申告は1月から受付可能です。

歯科治療における医療費控除制度

保険適用の歯列矯正とは?

厚生労働省が認める53の症状がある場合は、自由診療となりやすい歯列矯正であっても保険適用となる場合があります。先天性異常や顎変形症などの疾患があり、身体的障害手帳を持ち手術をはじめとした治療で効果が期待できる人もしくは18歳未満の子供といった条件があります。

保険適用される歯列矯正治療について

保険適用のインプラントとは?

インプラント治療は基本的に自由診療となり、治療費用は全額負担となります。そのため、治療費用が高額になり、治療を受けることの妨げとなっています。しかし、厳しい基準を満たすような重度の顎骨欠損をはじめとした症状がある場合は保険適用となることがあります。治療を受ける医療機関にも条件があるため、注意が必要です。

インプラントは自由診療だが、条件を満たせば保険適用になる
悩みや目的に合った
川崎のおすすめ歯医者

コンビニの数より多いと言われる歯医者ですが、それぞれ得意とする治療は異なります。あなたの悩みあるいは診てもらいたい診療科目から、適切な歯医者を選んでくださいね。